7a9d62cebbb8165899a5fa04c4b7841c_s



時々、夜中に足がつって、痛くて目が覚めることがあります。
いきなり痛くて目が覚めるので、何事が起ったのか、一瞬わからないことも。


おなじような経験をされている方のために、今回は、足がつる原因と対策を調べてみました。


 スポンサードリンク

夜中に足がつるのは、どうして?

・寝返りをするときや、夢を見て思わず体に力が入ってしまったときなど、筋肉が収縮するとき。

・暑い夏の夜、扇風機やエアコンをかけたまま眠ってしまうと体が冷えて、血液循環が悪くって筋肉が固くなる。

・眠っているとき、筋肉は少し収縮しています。そのため腱紡錘(腱の中にある筋肉の収縮に関するセンサー)の働きが低下していて、つりやすくなる。

・寝ているときは、足が下の方を向いている。足先が下の方を向いていると、ふくらはぎの筋肉がちぢんだ状態になる。ここに間違った指令が伝わると、より足がつれやすくなる。


以上のようなことが考えられます。
他にも、寒い時期には掛布団の重みも、足の筋肉を緊張させる原因となることも。

足がつるメカニズムとは?

人は体を動かす時、筋肉を収縮させたり弛緩させたりします。そのバランスが崩れ、筋肉が痙攣した状態になることを「つる」と言います。


一般に「こむら返り」と言って、ふくらはぎがつることが多いのですが、太ももや、すねの部分、足の裏がつる人もいます。


筋肉が動くときに重要なのが「マグネシウムイオン」。このマグネシウムイオンは汗をかくと、汗と共に出てしまうので、脳からふくらはぎへの指令がうまく伝わらないことに。この時筋肉が誤作動を起こし、必要以上に縮むと「つる」ことになります。


普段も筋肉は伸びたり縮んだりしているのに、足がつるときの強烈な痛みの原因はどこにあるのでしょう?


それは、筋束(きんそく)と言う「筋繊維」の束の一部だけが強く縮んでいる状態だからです。縮んでいる筋肉と他の縮んでいない筋肉との差が、筋繊維の間にズレを生じ、痛覚繊維を刺激して、痛みを感じさせるわけです。

スポンサードリンク

足がつるのを防ぐ対策とは?

○水分補給が大切
寝る前の水分補給、とくにマグネシウムの入ったミネラルウォーターやスポーツドリンクが有効です。


○体を冷やさないこと
夏場でも、シャワーではなくお風呂がオススメです。
479295


○寝る前に軽く足のストレッチをする
特にふくらはぎの筋肉を良くほぐしておきましょう。

足がつってしまったときの対処方法としては、足のつま先を体の方に引っ張ってあげて、筋肉を伸ばすこと。急に伸ばすと痛みが出るので、ゆっくりと伸ばし、緊張を解いてリラックスるさせることです。


ふくらはぎの場合、つった足の親指をゆっくり手前に引き寄せるようにすると、ふくらはぎ全体が伸びてきますので、やりやすいかもしれません。

“足がつる”原因はほかにも?

あまりにも頻繁に足がつって夜中に起こされたり、水分補給や冷え対策をしても改善されないようなら、他の原因も考えられますので、整形外科や内科などに相談された方がよいと思います。


表面的には、ただ足がつるだけという症状の裏に、椎間板ヘルニアや動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの可能性も考えられますので、早めに医師に相談されることをお勧めします。

まとめとして

夜中に足がつるのは、自分の体験では冬の方が多いような気がします。掛け布団の重みで足に圧力がかかることで、筋肉の緊張を促し、足がつれることが多いようなのです。体の冷えもありますね。


この場合は、ひざ裏にクッションやバスタオルなどを当てて、足が突っ張ったりしないように工夫してみましょう。


あの痛みは尋常ではありません。二度と体験しなくて済むように、予防対策を実践してみてください。

関連記事 >
「ガッテン」で、毛細血管のケアをして若返る方法のなかで、“スキップ”が取り上げられていました。 “スキップ”。 普通オトナはやりません。 子どもは本当にリズミカルに、軽やかに“跳ねます”


スポンサードリンク