猫は自分では体調の悪さを言ってくれないので、飼い主が常に気にかけてあげないといけませんよね。
そのとき、どんな症状が出ているのか、いつもと変わったところに早く気が付いてあげること。


それには、健康な状態のときの体の具合を知っておく、と言うのも大事なことです。


猫は、どんな種類の病気にかかりやすいのか、調べてみました。


 スポンサードリンク

猫風邪

猫が風邪を引くと、人間と同じように鼻水をたらすんだということを、友人宅を訪問したとき初めて知りました。
彼女の家の2匹の猫がちょうど風邪を引いていて、鼻水でぎゅじゅぎゅじゅだったのです。


鼻水以外のの症状としては、くしゃみや発熱、よだれが出たり、食欲が低下したりします。


猫風邪と言われる感染症には、猫ヘルペスウィルス感染症、猫カリシウィルス感染症、クラミジア感染症などがあります。猫風邪は総合ワクチン接種で予防可能です。



糖尿病

やたらと水を飲みたがったり、尿量が増えたり、食べているはずなのにだんだんやせてきた、と言う症状が現れたら、動物病院で検査をしてもらいましょう。


糖尿病とは、すい臓から分泌されるインスリンの分泌異常で、血糖値が高くなってしまう病気です。原因は遺伝的なものや肥満などありますが、なにより合併症が怖い病気です。重いと命にかかわります。食事療法が大事で、場合に寄ってはインスリンを一生続けていくことにもなるでしょう。


尿結石症

トイレに行く間隔が短くなったり、トイレの時間が長かったり、尿がにごっているなどの症状があります。


食事内容や水の摂取量の不足などが原因で、膀胱や尿道に結石ができ、排尿障害を起こす病気です。結石が大きくなると排尿ができなくなり命にもかかわります。大きな結石は手術で取り除くことになりますが、小さなものなら食事療法を行います。


猫エイズ

症状としては、食欲が低下し、体重減、リンパが腫れている、貧血などがあります。


咬み傷や同じ食器を使うことで唾液を開始亭ウィルスが感染する病気です。免疫力を低下させるので体調をくずことが多いです。多頭飼いする場合は検査を受けてから飼うこと。人間にうつることはありません。


リンパ腫

症状は、体重減、食欲の低下、嘔吐、下痢、貧血、けいれんを起こすなど。


猫のガンの中で最も多いと言われている、リンパ球が腫瘍化してしまう病気です。病気の進行状況により、抗がん剤を用いた化学療法を行います。


肝障害

症状は、食欲低下、体重減、嘔吐、下痢、発熱、元気がないなど。


「沈黙の臓器」と言われるだけに、状態がかなり悪くなるまで症状に出てきません。人間と同じですね。出てくる症状としては、他の病気と似ているので、血液検査ほか精密検査をして診断します。


歯周病・口内炎

症状は、食欲減、口臭、よだれ、体重減、口の中が気持ち悪いのかくちゃくちゃする、など。

口内炎は猫エイズ、カリシウィルスなどが原因で起こります。現在の家猫のように引きちぎるような食べ方をしなくなった猫は歯周病になりやすく、歯周病から口内炎を悪化させ、口内の痛みで食事をとれなくなります。


川崎周辺の動物病院

もし、迷い猫や捨て猫を飼うことになったら、動物病院である程度年齢の確認などできますので、健康診断を兼ねて行くことをお勧めします。

川崎周辺の動物病院をいくつか紹介しますね。

●アルフペットクリニック
〒210-0852 神奈川県川崎市川崎区鋼管通1-11-12
TEL:044-333-0305
http://www.alfpetclinic.com/

●TNR日本動物福祉病院
神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13
TEL:044-276-9388
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/doubutuhukusi.html

●渡部獣医科病院
〒210-0014 神奈川県川崎市川崎区貝塚1-3-19
TEL:044-222-3401
https://pet.caloo.jp/hospitals/detail/140338

●わたりだ動物病院
〒210-0837 神奈川県川崎市川崎区渡田1-2-15
TEL:044-333-3949
http://www.watarida-ah.com/

●エルムペットクリニック
〒210-0834 神奈川県川崎市川崎区大島3-27-1 ハイツ野田1F
TEL:044-221-5750
http://elmpet.com/

まとめ

猫をはじめとする動物は、自分の具合の悪さを伝えることができません。飼い主が、猫の普段の様子からその違いを察知しなければ、動物病院へ連れて行くこともできないわけですね。


食欲の増減、水分量の増加などの変化や、トイレの回数など、普段から気をつけたいと思います。
それから、緊急の時だけでなく、7歳を過ぎたら健康診断をすることも考えた方が良いかもしれません。




関連記事はこちらです。

シニア猫との暮らし方 猫の変化に合わせったケアの仕方とは?

スポンサードリンク