TiBine / Pixabay

先日、久しぶりに会った知人の顔が小さくなっていたのにびっくり!
しかも、フェイスラインがスッキリとしていて美しいのです!


何かをやっているという話は聞いていたのですが、その「何か」の正体をその時知りました。
彼女は今年の3月から「グルテンフリー」という食事法を始めたのです。


直接ダイエットが目的ではなく、血糖値の問題があったためのようでした。
でも、その結果3ヶ月で8キロ減。
それでも、少しも辛くなかったとのこと。


食事に対するストレスがないのでまだ続けられると言ってましたね。


私はその時初めて「グルテンフリー」という言葉を知ったのですが、その名前から連想すると以前からテレビのダイエット番組で見たことのある「糖質制限」と同じような印象を持ちました。


最近お腹周りについてきたお肉が気になり始めて、せめてあと1.5キロ減らしたいと考えていた私には、天の声かもしれないと思い、とりあえず「グルテンフリー」について情報を集めてみることにしました。


 スポンサードリンク

グルテンフリーと糖質制限の違い

グルテンフリーとは、小麦を使わない食事のこと。
もともとは小麦アレルギーの人のための食事療法だったということです。


グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦などに含まれる成分で、このグルテンでアレルギーを起こす過敏症の方がいるんですね。


でも小麦は昔からあるものなのに、なぜ最近になって「グルテン過敏症」の人たちが増えてきたかというと、小麦の品種改良によるグルテンの含有量の増加ということなのだとか。


そもそも小麦を使った食事をすることは体的にはどういう影響があるのでしょう。


小麦に含まれているでんぷん質アミノペクチンAは血糖値を急激に上昇させ、インシュリンの分泌を促します。
すると、どうなるのか?


インシュリンが分泌されて脂肪を蓄えようとするんですね。
なので、グルテンを抜くことで食欲増進が抑えられるのです。


c3cb1fe3222cc07adb502b3785cc1756_s


小麦を使った食事を摂ったあとはエネルギーが一気に出るけれど、すぐ疲れやだるさを感じることにも。
それは血糖値の急上昇、急降下が起こるための現象です。


ダイエットといえば、どちらかと言うと「糖質制限ダイエット」のほうが知られているかもしれません。
糖質制限ダイエットの方は、炭水化物を抜くダイエットです。


グルテンフリーと比べると若干食べられる範囲が狭くなりますけど、食事の量が制限されているわけではないので、満腹感は得られます。
でも、ごはんを制限されるのは個人的にきびしいと感じました。

グルテンフリーで食べていいもの・いけないもの

では、グルテンフリーではどんなものを食べられるのか、食べられないものは何か。

○グルテンを含む原料:
小麦、大麦、オートムギ、デュラム小麦

○グルテンを含む食品:
小麦粉、パン、ラーメン、うどん、素麺、ひやむぎ、焼きそば、ワンタン・餃子の皮、天ぷら・唐揚げの衣、パン粉、全粒粉、ピザ生地、マカロニ・パスタ、肉まんの皮、ケーキ類、カレー・シチューのルー、ビール・発泡酒など。

○グルテンフリーの食品
米、雑穀、そば(十割)、米粉、ビーフン、春雨、そば粉、葛粉、片栗粉、肉、魚、野菜、果物、イモ類、納豆、バター、チーズ、ヨーグルト、コンニャク、和菓子、チョコレート、ゼリー、ポップコーンなど。



スポンサードリンク

グルテンフリーダイエットで気をつけること

○基本的な考え方としては、毎日の食事から小麦を抜くこと。

○カロリー的な考え方より、原材料の方に意識を向けること。

○食品の原料表示のチェックは必ずしましょう。

○お昼をコンビニなどで買う場合は、単品買いをすることでグルテンを避けられます。

○朝食は欠かさないように。できるだけタンパク質を摂るようにしましょう。



c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s

グルテンフリーダイエットによる効果

ダイエットが目的でない人でも、この食事法を続けていくと体重が落ちてきます。食欲増進が抑えられるので、太りにくい体質になります。


老化を早める原因となる「糖化」を抑制するので、シワやタルミなどのアンチエイジングに効果があります。集中力や体力がアップします。


グルテンフリーの食生活を送ることによって、体調が良くなったり、だるさが取れたり、頭がすっきりして集中力が増したり、中には視力が改善されたりする人もいるようです。


体調が悪くて医者へ行っても改善されないようなら、一度体質改善のためにグルテンフリーを試してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

PublicDomainPictures / Pixabay

健康番組で糖質制限ダイエットを何度見ても試そうと思ったことはないのですが(ごはんを我慢する自信がなくて)、今回、身近で簡単に結果を出している人を見て、グルテンフリーダイエットは自分にもできそうという気がしてきました。


「お腹がすいた」と「お腹がいっぱい」の間には「お腹が空いていない」という状態がある、と言った人がいます。


お腹がすいた時に食べる分量を、意識して「お腹が空いていない」状態でストップすることで、「お腹がいっぱい」まで食べ続けなくても満足する、ということなんです。


つまり、食べるのは「腹八分目」ということなのですが、確かに、本当にお腹が空いているかどうか、自分に聞いてみることが一番。


8キロやせた知人も、最近は自分に「本当にお腹が空いているの?」と聞いてから食べるようにしているとのことです。
「偽物の食欲にだまされないように」しているようですよ。


関連記事 >
グルテンフリーを初めて2週間位になります。 あまり、期待はしていなかったのですが、思いの外変化が感じられるようになったのでご報告します。 最近、寝起きの体調がイマイチで、ベッドから起きるときにかなりシンド


スポンサードリンク