川崎ハロウィンが今年で20周年を迎えます。
“ハロウィン”がまだそれほどメジャーでなかった頃から川崎はチカラ入ってましたよね。


多分、ラ・チッタ・デッラの景観とハロウィンの雰囲気がピッタリだったことが大きな要因ではないかと思いますよ。まさか、これほど全国的に有名なお祭り?になるとは・・!


最近は海外からも参加してくださる人もいるとか。。
地元川崎の人間としてはうれしい限りです。


川崎ハロウィンに今回初めて来る方に向けて、迷わず楽しめる道案内をしたいと思います。


 スポンサードリンク

カワハロの2大イベントとは?

まず、川崎ハロウィンに欠かせない2大イベントについて。
最初は、なんといっても“ハロウィン・パレード”ですね。

仮装者2500人が川崎駅前通りを大音響のクラブサウンドに合わせて練り歩きます。

ハロウィン・パレード
日時:10/30(日) 14:30~16:00

コース:JR川崎液東口周辺一帯1.5km

参加条件:仮装をしていること・小学生以上

参加費:1000円(税込)

参加人数:2500人

キッズ・パレード

キッズ・パレードは全部で3回行われます。
毎年仮装もレベルアップしているので、参加意欲がわきますよね!?

日時:10/29(土)
1回目:12:00~ 2回目:13:30~ 3回目:15:00~

コース:銀座街スタート→銀柳街→ラ・チッタ・デッラ

参加条件:小学生未満の仮装をした子どもと保護者(保護者も要仮装)

参加費:1組1000円(税込)

参加人数:各回500名(保護者含める)

ハロウィン・アワード

パレードに次いで人気の高い「ハロウィン・アワード」。
ラ・チッタ・デッラの館長の息才久美子さんを始め、数名の審査員が審査をすることになります。昨年は10個の賞が発表されましたね。

日時:10/30(日) 16:00~17:00

会場:川崎ルフロン シンデレラステップ前

参加費:一人1000円

参加人数:400名

賞品:グランプリ「ベスト・パンプキン賞」、イタリア旅行ペア+賞金10万円、その他各種賞。



2012r_6
http://blog.lacittadella.co.jp/blog/2012/10/2012-e547.html

川崎ハロウィンの他のイベントは?

パレードと仮装コンテストのほかにも、たくさんのイベントがあります。

ダンシング・パンプキン

パレード後のハイテンションクラブパーティー

日時:10/30(日) 17:00~22:00

会場:クラブチッタ

料金:前売り1000円 当日1500円 仮装者当日1000円 ※ハロウィンパレード参加者は無料

ロッキー・ホラー・ショー

カワハロ第1回から毎年上映される映画ですね。
「キング・オブ・カルト」と言われています。一見の価値あり。

日時:10/30 18:30~21:00

会場:チネチッタ

入場料:1000円 仮装者500円

プロジェクション・マッピング・ライブショー

プロジェクション・マッピングとライブ・パフォーマンスの融合!

日時:10/29(土)30(日)19:00~、20:00~、21:00~
※各回7.8分程度

会場:ラ・チッタ・デッラ 中央噴水広場周辺

入場料:無料

ウィーファンク・カワハロ

人気のダンスチームが川崎駅周辺でパフォーマンス!
ハロウィン月間のオープニングを飾ります。

日時:10/2(日)

時間・会場
①ラゾーナ川崎プラザルーファ広場 11:00~

②アトレ川崎ツバキひろば 12:00~/14:00~

③ラ・チッタ・デッラ 13:00~

※各回15分程度・無料

ハロウィン映画祭
≪サスぺリア×ゴブリン≫

日時:10/29(土)オープン:16:00 スタート:17:00 終了予定:20:30頃

会場:クラブチッタ

料金:前売り12000円 特別CD付スペシャル・チケット


≪白石晃士監督厳選カルトホラー特集上映会≫

日時:10/29(土)21:30~:オールナイト

会場:チネチッタ

上映作品:「犬神の悪霊」「貞子vs伽椰子」「HOUSEハウス」他

ゲスト:白石晃士監督他

料金:前売り1500円/当日2000円

※18歳未満入場不可



イベントはまだまだありますよ。
事前の申し込み、前売りなどはこちらの公式ホームページからどうぞ。
http://lacittadella.co.jp/halloween/


20111027_2164695
http://jiyuro26.jugem.jp/?eid=2336

まとめ

川崎ハロウィンは、10月丸一か月間ハロウィンなんです。
パレードやその他のイベントは1日2日と短かったりしますが、ハロウィン月間の間、街はハロウィンの雰囲気にずっと包まれています。


何しろ、10万人を超える観衆で溢れる時期なので、川崎に住んでいる人はもちろん、川崎が初めての人にも、ぜひ、この異様な!?雰囲気を味わってみて欲しいと思います。


イベントの詳細・変更などありましたら、随時書き加えます。
今年はパレードのルートを全部ついて回ろうかと思ってます!


関連記事 >
川崎は映画の街です。 川崎駅近くには大きなシネマコンプレックスが3つもあり、新百合ヶ丘にもシネコンがあります。 映画やドラマの撮影に使われることも多いです。 最近では、“シン・ゴジラ”でも川崎が舞台


スポンサードリンク