337916


血管の老化は病気のリスクが高くなる不安があります。
でも、血管が老化しているかどうか自覚症状がないので、検査をしてみなければわからないと思っていました。
でも、自分でもわかる方法があるんですね。


それは、前屈」をしてみること。
統計的に、身体が柔らかい人は血管年齢が若いという結果が出ています。


今回は、血管の老化防止対策について調べてみました。

まず血管が老化する原因について簡単に説明しますね。


 スポンサードリンク

血管が老化する原因とは?

血管は柔らかい方が病気のリスクは少ないです。
血管が硬いと血圧が上がったり破れやすくなるんですね。


血管が硬い=老いている
という言い方もできます。

では、血管が老化する原因は何でしょうか?

①食事
②運動不足
③睡眠不足
④ストレス

以上のことが大きな原因です。

血管の老化防止のための対策とは?

ストレスを受けることで血管は縮み、縮むと血圧が上がり内皮にも傷がつきます。傷がつくとそこを修復しようとしてまた血管が硬くなる。これを繰り返すとコレステロール値が低くても血管は老化していきます。


でも、現代人はストレスを受けることが多く、それを回避することはなかなか難しいですね。
大事なことは、ストレスを受けてもそれを引っ張りすぎないこと。


ストレスを感じたら、その日は早めに寝るとか、面白いテレビ番組でも見て大いに笑うとか、ストレスを受けたことで起こるマイナスの感情をいつまでも引っ張らないようにすることが大事です。


人は大いに笑うことで、アセチルコリンという物質が出てきます。そのアセチルコリンが血管を開いてくれるんですね。


002989


血管の老化防止に効果のある物質があります。それは一酸化窒素(NO)です。一酸化窒素(NO)は、血管を開いて柔らかくする作用があり、血管の内側で作られます。血流が増えると分泌され、血管を開いたり柔らかくしたりします。


海女さんの血管年齢が一般に低いのは、潜水によって一酸化窒素が増えたのではないかと考えられます。海の深いところに潜ることによって心臓に水圧がかかり、心臓が大きく伸縮する。


そうすると1回に送り出される血液の量が増えることになるので、その分一酸化窒素が増加。その結果、血管が広がって柔らかくなると考えられます。
では、NO:一酸化窒素を高める方法はあるでしょうか?

スポンサードリンク

“高沢式血管若返り法”とは?

血管年齢の権威である東京医科大学病院の高沢医師による血管若返り法があります。簡単にできる運動と食事法です。

≪運動編≫
○下半身:かかとの上げ下げを繰り返す運動です。かかとの上げ下げがポンプの役割をして血液を上に上げます。

○上半身:威張ったポーズをとります。腕を組んで威張ったポーズをし、肩を上下に動かします。

○そのまま手を開いて肘をぐっと後ろに持っていき(Oh!No!のポーズ)、肩を上げ下げします。

○威張ったポーズとOh!No!のポーズを朝晩それぞれ10回ずつ行います。



これで血流がよくなり、血流がよくなると血管の内皮が刺激されてNOが出てきます。NOが血管を開いてくれるので血管がさらにしなやかになり、働きやすくなります。

≪食事編≫
○食事の時には野菜を最初に食べること

・食物繊維を最初に腸の中に入れることで、脂肪や糖の吸収を抑えます。
・血糖値が急激に上がるのを防ぎます。



血糖値が急に上がるとインシュリンが出てきて血管の壁を痛める。そうするとNOが効きづらくなることに。


海女さんがたちが食べていたところてんも、水溶性の食物繊維なので、余分な脂肪や糖を排出します。
玉ねぎは、食べる30分前に切っておくと化学反応でセパエン類などがつくられます。このセパエン類は血液の凝固を抑える働きがあるため、切った30分後くらいに食べると効果的です。

まとめ

血管の老化防止対策としては、運動や食事が大切ですが、改善するためには継続することが大事。
リバウンドするとかえってコレステロールが急に高くなって事故の起こる可能性も。無理なく自分に合った方法を続けましょう。


それにしても、ストレスは万病の元ですね。
大事なのは、ストレスに力を与え過ぎないこと。
自分なりの対策を考えておきましょう。


http://7haah.com/1047.html

関連記事 >
皮下脂肪や内臓脂肪は聞いたことはありますが、“場ちがい脂肪”というものがあるということは今回、“主治医が見つける診療所”で初めて知りました。もしかしたら自分も?と思い当るところがあるので、ちょっと怖いです。。
関連記事 >
最近、知人が手根管症候群と診断され、先週手術をしたばかりです。 手術後2日経ってから会ったのですが、包帯をしている以外は普通で、一緒に買い物に行きました。 身近で彼女の症状を見ていて、
スポンサードリンク