川崎の競馬場の方にニトリができたということで、散歩がてら視察?に行ってきました。
実は一年ほど前にニトリのネットショップで購入したベッドの使い勝手が悪いので、買い替えを考えているところなのです。

 

IMG_20160606_110946

 

私の購入したものはソファベッドで、中央から縦に折り曲げて長めのソファになるタイプなのですが、実際はベッドの幅が半分になるわけではなく、壁に押しつけることができないので中途半端なソファになっていました。

 

画像ではなかなかよく見えたのですが、届いたその日にすでに買ったことを後悔してます。

 

それに最近は寝返りをうつたびにギシギシ鳴るのが気になり、これでは睡眠にも影響が出そうなので、真剣に買い替えを検討し始めたところです。

 スポンサードリンク

ニトリのベッドのタイプとマットレスの種類は?

川崎競馬場前店は横浜鶴見店のようにビル丸ごとがニトリ、というわけではないのでベッドなどの展示もあまり多くはありませんでした。
でも、ネットで画像を比較するのと、実際に見て触ってリアルに感じるのとでは体感的に違うので、実物をいろいろ見るだけでも選択の幅が広がります。

 

今回ベッドについて機能性とデザインだけで決めるのではなく、睡眠の質を高めるためのマットレスの質についても自分なりに調べてみることにしました。

 

ニトリはベッドのタイプはほぼ揃っていると思います。

 

・すのこタイプ:これはマットレスでも布団でもいいんでしょうか?

・引き出しなどの収納付き:収納は便利だと思うのですが、ベッドの存在感がありすぎるのが個人的には気になります。

・フレーム付き(一部コンセント付き):これが一般的なベッドのイメージですね。

・脚付きマットレス:これはフレームなしのマットレスに脚がついたもの。脚の長さを変えることでベッド下に収納スペースができます。

 

今心惹かれているのはこの「脚付きマットレス」なんですね。というのも、ワンルームの部屋の広さに対して、あまりゴージャスなベッドは存在感がうるさくなるので。

 

現在使用しているソファベッドもベッド下のスペースが広いので、これは重宝しています。
マットレスの幅が狭ければ、羽毛の掛け布団を丸めて壁に押し付ければクッションになるかな、、と考えたりして。

 

ニトリのマットレス自体は、大体10000円くらいから90000以上のものまであり、マットレスの内部構造としては、「高機能コイル」「ポケットコイル」「ボンネルコイル」「低反発ウレタン」「ラテックス」があります。

 

ポケットコイル」はスプリングをそれぞれ袋に包み、独立性が保たれているので、面ではなく「点」で体重を支えます。
反対に「ボンネルコイル」はスプリングがそれぞれ連結されているので、体重を「面」で支える感じです。
連結されているので耐久性はこちらのほうが高いです。
ただ、体の重い部分が下に沈む(U字型に)ので、お尻や肩などに負担がかかるようです。

 

スポンサードリンク

ニトリで高級なベッドを買う、という選択

ニトリの特徴といえば、やっぱり「安さ」ですよね。
特に品質へのこだわりがなければ、初めて家を離れて自立する新社会人など、新生活のスタートは全部新しい家具になることでしょうから、ニトリで揃えたりする人も多いのではないですか。

 

見た感じもお部屋に統一感も出るし、トータルでおしゃれだし、すごく便利に揃えられると思います。

 

小物雑貨だって、ショッピングカートがあれば片端から入れたくなるくらい可愛いものがたくさんあります。

 

でも、なんでこんなに安くできるんでしょう?

 

それは、商品の企画、製造、物流、販売まで、すべて自社でやっているからなんですね。

 

ニトリですべてをプロデュースしているので、最終的に商品の価格も抑えられるということ。
もちろん、社内ですべてしているので、管理もしやすいですよね。

 

そんな中でも、今回ベッドを探してみて、マットレスのコルク一つにしてもこだわりを持って作っているものもあります。
ニトリのオリジナルもそうですが、ニトリが米国のシーリー社と提携して作った「シーリー6930」というマットレス。

 

こちらのマットレスを絶賛している方もいます。
今度は実際にベッドに横になって体験してみたいと思います。
実際、シーリーのサイトで調べると、大体10万台から30万くらいの価格のものがほとんどです。
でも、このニトリの「シーリー6930」は、シングルで46000円から。
クイーンサイズで92500円となっています。

 

シーリーのベッドは、あのリッツカールトンでも採用されているとのことで、その品質の高さは想像がつきますね。
ベッドはマットレスが命です。ベッドのフレームは中国製でも、マットレスにはお金をかけるという人もいます。
それくらい、睡眠の質に影響するからなんですね。

 

最後に

ニトリといえば安さが一番の特徴となっているので、安かろう悪かろう、と考える人もいるかもしれません。私も昨年初めてニトリでソファベッドを購入して、あまり快適さからは遠い印象があったのですが、実は自分の選択の結果なんですね。

 

昨年の引っ越しとともに急きょ決めなければならなかったこともあり、どんなものがいいのか調べる余裕もありませんでした。言い訳がましくなりますが、何をポイントに選択するかというのは、今後の課題でもありますね。
自分がおさえておきたいポイントをはっきりしておくことが満足度につながるということ。

 

前回は、「安さ」にポイントを置いていたので満足度が少し低くなってしまったということなんでしょうか。
でも、マットレスについて調べていくと、睡眠の質はマットレス次第かもしれないと思うようになりました。

 

次回は大型店で体験をしたいと思います。

 

スポンサードリンク