9217e9c000ed322011c34c8ff41a0c7f_s

先日,NHKの「ガッテン!」で「オキシトシン」という幸せホルモンについて放送していました。その時、久しぶりにスウェーデンの「タクティールケア」を思い出したのです。


ガッテンの中にも登場したスウェーデンの映像。
スウェーデンの人たちは、健康志向の強い日本人よりも「幸せホルモン・オシキトシン」について知っていました。


触れることで痛みも消える、この不思議なホルモンはどういう仕組で痛みにも効くのでしょう。


 スポンサードリンク

なぜ痛みが消えるの?

オキシトシンは脳の視床下部で作られるホルモンで、出産や授乳に関係する物質として知られていました。
それが最近になって、不安やストレスにも関係のあることがわかってきました。


人が肌に触れる時の刺激が、脳の視床下部から分泌されるオキシトシンが体内に広がることで、不安などが和らげられることがわかったのです。


痛みが軽減されるということには、「ゲートコントロール」という学説によります。
脊髄には痛みを脳に伝える「ゲート」があり、ここが開いていれば痛みなどを感じるということなんですね。


タクティールケアなどのタッチケアの心地よさで、この痛みを感じるゲートが閉じられることによって、痛みを緩和するということなんですね。

痛み以外の効果は?

タクティールケアをすることによって、オキシトシンが脳下垂体後葉から分泌され、血管内に放出されます。そのことによりオキシトシンの効果が体全体に及び、安心感や信頼などの感情が引き起こされた結果、気持ちが安定して、不安感や恐怖感などが軽減されるということです。


他にも、不眠症の改善リラクゼーション効果、癌による痛みの鎮痛効果、リュウマチの痛みの軽減、コミュニケーション能力の向上、そして見逃せないのが認知症に対する効果です。

タクティールケアと認知症の関係とは?

タクティールケアを体験すると、まず一番最初に感じるのは「安心感」「信頼感」など、相手に身を任せることの心地よさです。


現在、医療現場や介護現場でタクティールケアを取り上げている目的は、認知症の方とのコミュニケーションツールとすることと、認知症の方に自分の身体を認識してもらう意味もあります。


認知症の方は理由もわからないような不安感や恐怖感などを持っていることが多いため、タクティールを施すだけで気持ちが安定してくるんですね。
不安や恐怖がなくなるだけで外部に心を開くことができるようにもなるので、コミュニケーションも取りやすくなるわけですね。

スポンサードリンク

“ガッテン!”の簡単タッチケア

ここで、先日放送されていた“ガッテン!”のタッチケアの方法をご紹介します。

①イスの背やテーブルにもたれて、楽な姿勢になります

②両手のひらを背中にピッタリとつけ全体を撫でます

③両手を揃えて、背中の真ん中から弧を描くように、背中全体をまんべんなく撫でる。

④腰辺りに両手を置き、首に向かって真っ直ぐ撫で上げ、左右に開いて背中の一番外側のラインに添ってなでおろすようにする。繰り返す。

⑤腰の位置からクビに向かって、ハートを描くように撫であげる。



ポイントは、1秒間に5センチ位のゆっくりした動き。
目安は1回10分位です。
このスピードだとケアをやる側の人の呼吸も同じようにゆっくりとしてくるので、やる側の人にもオキシトシン効果が期待できるということです。

最後に

タクティールケアを初めて体験したのは8年くらい前だったと思います。介護に関する講義を聞き、その時短い時間でしたが、少しだけ「手」のタクティールをやっていただきました。


本当に優しいタッチで、マッサージなどとは全く違う、不思議な感覚だったのを覚えています。


今回“ガッテン!”で取り上げていたのは「オキシトシン」という幸せホルモンの特集だったので、特に手で触れることによる効果ということではありませんでした。オキシトシン効果は、手で触れること以外でも、声とか、肌の感触とか、にもあるんですね。


もしかして、五感すべてにあるとしたら、アロマの香りからでもオキシトシンは出るのでしょうか?


実は今回、オキシトシンを調べていて「チェーンブランケット」という存在を知りました。
これは、ブランケットの中にチェーンが内蔵されていて、重みと圧迫感でオキシトシンを出すというものなのだそうです!


オキシトシンには睡眠効果もあるので、スウェーデンではチェーンブランケットが不眠対策として普及しているようですよ。

スポンサードリンク