b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s


先日、NHKのスーパープレゼンテーションTED “幸福な人生の秘密
という番組を見ました。


これが予想以上に面白かったんです。
人生の面白さは晩年にならないとわからないものなのかもしれませんね。

 スポンサードリンク

幸福な人生の秘密 とは?

アメリカの心理学者、ロバート・ウォールディンガ-氏が、75年かけて研究した成果を
TEDで発表しました。
(ちなみに、彼は研究責任者としては4代目だそうです!)

それは、人の一生を通して、私達を幸福で健康にするものは何か?

その研究は1938年ボストンで始められたのです。
724人の男性(10代)の人たちの追跡調査ですね。


まず1つ目のグループは、ハーバード大の学生たち。
2つ目のグループは、ボストンの最貧困層の子どもたちです。


この2つのグループの男の子たちの環境や健康のチェックなどをして
2年に一度アンケートに答えてもらったり、もちろん会いに行ったりして
その後の追跡調査を続けていたんですね。


75年たった今も、724人のうちの60人は90代の今も参加中とのこと。これは驚異的なことです。


この研究の結果わかったこと。

それは、


幸福な人生とは、
富や名声、一生懸命働くことでもなく、
良い人間関係に尽きるということです。

スポンサードリンク

良い人間関係が私たちにもたらすもの

例えば、人とのつながりが良好な人は、幸せで健康、しかも長生き。
人とのつながりが薄い人は、幸福度が低い。


これは、もちろん人とのつながり方、人間関係の質にもよります。
温かい人間関係、つながり方ができていると、自分が守られていると感じます。


例えば、
パートナーと良好な関係にある人は、
身体的に何か痛みがあったとしても、軽減される。


これが、パートナーとうまくいっていない関係だと、
心の痛みと体の痛みで二重の痛みを感じてしまうというのです。


いざというときに頼れる人間関係を築いていると、
精神的な安定を保ち続けることができて、
それが健康にもつながるのでしょうね。

人間関係が大切だということは以前から言われていたこと

人間関係が人生において大切だということは、
本当は誰もが気づいていることですよね。


気づいているにもかかわらず、なかなかうまくいかないのは、
人間がもともと楽な方に流される性質があるからだそうですよ。


だって、人間関係は複雑でとても面倒だから。
できたら、面倒は避けて通りたいですものね。


でも、晩年幸せな老後を過ごせるかどうかは、
家族や友人関係、地域でも人間関係に頑張ったこと。
これが大きく影響してきそうです。


若いころお金や名声を得るために頑張ることができるなら、
同じような努力を人間関係にもしてみるべきなのかもしれませんね。

最後に

“幸福な人生の秘密”を見て、
あらためて感じることがありました。


ウォールディンガー氏も言っているように、
人とのつながりのない“孤独感”は、
認知症に進みやすかったり、
健康度や幸福度にかなりはっきり現れてくるようです。


これは感覚的なことではなく、
数値としてしっかり出てきた結果ですので
反論の余地が無いですね。


さて、川崎に生まれて、暮らして、ン十年。
この番組を見ることによって、
さらに、地元川崎とのつながりを意識することになりました。

スポンサードリンク