7db0007a9495b268cba516ab5885fb07_s


スマホによる目のトラブルが騒がれています。
スマホの画面を見ている時間が多い人ほど、目のトラブルの発生率が高くなります。


では、スマホによる目のトラブルにはどんなものがあるのでしょうか。
今朝の“ゲンキの時間”で放送された「目のトラブル」についてまとめてみました。

 スポンサードリンク

スマホによる目のトラブルとは?

最近になってよく取り上げられる“スマホ老眼”とはどういったものでしょうか?普通の老眼とどう違うのでしょう?


“スマホ老眼”とは、近距離から遠距離に、またその逆に視線を移すことでピントが合いにくくなります。普通の老眼は水晶体というレンズが硬くなってくることで起こります。


水晶体の厚さを毛様体筋で調節することでピントを合わせているのですが、加齢とともに毛様体筋が衰え、水晶体が硬くなり厚さ調節ができなくなるためです。老眼で近くのものが見え辛くなるのはこれが原因ですね。


でも、“スマホ老眼”は年齢に関係なく若い人にも起きるのが特徴です。これは、どうしてもスマホを見るときのように近い距離で同じものを見続ける形になるので、水晶体を伸び縮みさせる筋肉が緊張して固まってしまうような状態になるためです。


毛様体筋は遠くを見るときにゆるみ、近くを見るときに緊張します。


例えば、見る対象を距離で表すと、


パソコン:50㎝
読書:30㎝
スマホ:20㎝



この位、距離に差があります。
パソコンを見るときよりスマホを見るときの方が目が緊張するというわけですね。ですので長時間の使用は毛様体筋が緊張し、遠くを見た時もコリが取れず、ピント調整ができ辛くなるということがあります。


常に毛様体筋を緊張させる時間が長く続くようになると、回復するのに時間がかかったり慢性化する可能性があります。


そして、慢性化すると老眼への移行を早める可能性が出てきます。すでに中高年で老眼が始まっている人は、その進行を早めることにつながります。


スマホによる目への影響には“かくれ斜視”という症状にも表れます。
頭痛や肩こりなどの症状も目のトラブルが原因で起こることもあります。時には、吐き気を催すほどひどい状態になることも。


“かくれ斜視”とは、眼球を動かす筋肉のバランスが原因で潜在的に両目の視線の向きがずれている状態のこと。自分では気づかないうちに、普段ものを見るとき無意識に視線を修正していることが多いです。


遮眼子(しゃがんし)という器具で片方の目を覆うことで、外した時に斜視があるかどうか判断することができます。


遮眼子を外すと必ずと言っていいほど、外側にずれた眼球を正常に戻そうとします。本人は気付いていないかもしれません。


目の位置のズレが少ないものまで含めると3人に1人は目の位置が少しずれていると言われています。


かくれ斜視の人は、眼球を動かす筋肉に常に負担がかかっているので疲れ目になりやすいんですね。眼精疲労のほかにも肩こり頭痛がひどくなる場合もあります。


進行するとものが2つに見えたり、見た目で分かるほどの斜視になることも。特にスマホなど近距離を見る場合、両目を寄せる必要があり、負担が大きくなります。

スポンサードリンク

目のトラブルの改善法は?

スマホ老眼の改善法としては、毛様体筋をゆるめるために遠くのものをぼんやり見たりすることで、目を休めることができます。これは予防としても効果がありますので試してみてください。


かくれ斜視の改善方法として、まず目の酷使はしないこと。
目を温めるために温湿布をすることも効果的です。


顔の前に人差し指を立て、見つめ、人差し指を前後に動かします。前後10回動かすことを朝晩2回やると効果的です。


ほかには光の進路を修正するプリズムレンズの入ったメガネをつけることも、かくれ斜視の矯正には有効です。ただ、見え方に慣れるまで時間がかかるかもしれません。中には合わない人も。

スマホ老眼のチェック

スマホ老眼のチェック方法があります。

①目が充血する
②スマホを操作したあと遠くを見るとぼやける
③画面を離した方が文字が見えやすい
④夕方になると画面が見え辛い



上記1つでも当てはまれば“スマホ老眼”ということになります。

かくれ斜視のチェック

かくれ斜視のチェック方法としては、
一点を見つめて遮眼子をはずすとどうなるか?眼球が動くかどうか?でかくれ斜視かどうかわかります。

認知症のリスクが高い“白内障”の手術とは?

最後に、認知症のリスクが高い“白内障”について触れます。


何故“白内障”と認知症に関連があるのかというと、目から入ってくる情報が五感のうち8割以上を占めているからです。


なので、目から入ってくる情報がなくなると脳を刺激することが少なくなり、うつ病認知症が進んでしまうことがあるということです。

中高年以上になると、白内障になる確率は高くなります。
しかも、進行すると手術以外治療の方法がないので、最終的には手術が必要になるんですね。


そのとき問題なのは、どのレンズを入れるかということです。


レンズには2種類あり、

○単焦点レンズ:これは遠距離か近距離か、どちらかにピントを合わせることになるので、どちらにピントを合わせるか選ぶ必要があります。どちらにピントが合った方が自分にとっては快適かどうかということですね。こちらは保険適用となります。

○多焦点レンズ:こちらは遠距離、近距離、両方にピントが合うレンズで、メガネで言うと遠近両用メガネのような感じです。
ただし、こちらは保険の適用外ですので、両眼で100万円位かかります。

まとめ

スマホによる目のトラブルと、白内障と認知症の関係について、“ゲンキの時間”からまとめてみました。


身体についてもそうですが、特定の筋肉だけしか使わないというのはバランスが悪いです。バランスの悪いことを続けるとどこかにひずみが出てきます。


目も身体もバランスを考えながら、調整しつつ使いたいと思います。
コリを感じたらそこをほぐしつつ、目が疲れたら遠くを見るようにボーっと眺めたり。。


細胞はそれぞれの周期で生まれ変わると言いながら、肉体の年齢はあきらかに自分の年齢と同じだけ古くなっているわけですから、これからもメンテナンスには力を入れたいと思います。


関連記事 >
50代も中頃になると、白内障の心配をする人が出てきます。 実際に統計で見てみると、 50代で8.4% 60代で39.9% 70代で82.7% これだけの割合で白内障を発症しています。 かなりの
関連記事 >
眼瞼下垂症という目の病気を知っていますか? まぶたが垂れ気味になるため、自力で視界を取り戻そうとすることで、頭痛や肩こりを発症する“不定愁訴”を含めた病気のことです。 まぶたが重く感じられて、そのため
スポンサードリンク