2feb18fff993999c7c286f3531408607_s


最近、ときどき耳にする言葉“血管年齢”
血管年齢が若くなると健康や美容にいいことがありそうです。


「ゲンキの時間」で取り上げていた毛細血管を強くする方法は本当にカンタン!
これなら誰でも手軽に出来そうです。


まずは、毛細血管が加齢とともに薄くなって消えてしまう“ゴースト化”現象について説明しますね。

 スポンサードリンク

毛細血管の“ゴースト化”とは?

毛細血管は全身の血管の、なんと、99%を占めているんですね。


動脈や静脈はほんの1%にしか過ぎないとのこと。毛細血管の長さをすべて合わせると、地球を2周半するほとの長さになるとか!


動脈と静脈をつなぐ細い毛細血管は網目状になっていて、酸素と二酸化炭素のガス交換や栄養素を届ける老廃物を回収しています。これは、血管では毛細血管だけが行っている仕事。


毛細血管はその名の通り、その細さにあります。大体5~10ミクロン。8ミクロンの赤血球がなんとか通れるほどの太さなんですね。


この毛細血管が加齢によって、一部無くなってゴースト化しているということなのです。


“ゴースト化”とはどういうことでしょう。


何しろ5ミクロンという細さで非常にもろい毛細血管。外側の壁細胞が覆うことで何とか安定しているのですが、年を取ると回りの壁細胞がだんだん弱ってきて、剥がれ落ちてしまうのです。


加齢によって壁細胞がはがれてしまうと、毛細血管はもろくてつぶれてしまうのですね。最終的には消えてなくなってしまう。


これが毛細血管のゴースト化ということです。


最近の研究結果では、30代の人と70代の人を比べると、毛細血管の数は4割くらい減っているとのこと。


この“ゴースト化”の影響が最も大きいのはお肌なのです。
酸素や栄養素が肌まで行きわたらなくなり、シミやしわ、たるみなどが増える原因に。


さらに、肝臓や腎臓、肺などの内臓にも多くの毛細血管があり、これも加齢とともに減少してしまいます。


年を取るとお酒が弱くなるのも、肝臓の毛細血管が減って機能が低下してしまうことが原因です。ほかにも毛細血管が減少すると、腎障害骨粗鬆症、さらには認知症まで引き起こすという研究もあります。

毛細血管年齢と実年齢はかなり違う?

番組では、女性2人男性2人が、ゲンキチャレンジャーとしてモニターになり血管年齢を測定されていました。


最初の女性は、実年齢40歳。血管年齢20歳相当
2番目の女性は、実年齢46歳。血管年齢50歳相当

最初の男性は、実年齢36歳。血管年齢25歳相当
2番目の男性は、実年齢43歳。血管年齢60歳相当


それぞれそれほど年齢は違わないのに、なぜここまで血管年齢に違いが出るのか?それぞれの生活習慣を調べてみます。


すると、最初の女性は、週2回子供たちにバレエを教えていて、2番目の女性は、ダイエットのために週3.4回は筋トレのためにジムに通っているとのこと。


ここでドクターから、あまり激しい運動は活性酸素が体に出るので血管の細胞にダメージを与える、との説明がありました。


2番目の男性の場合は、問題点は食事にありました。
ラーメンやから揚げが大好きで、ほぼ毎日食べているとのこと。


食事で大きな影響を与えるのが「AGE」と言われる物質です。
AGEとは、「終末糖化産物」のこと。
糖とたんぱく質が加熱されてできる物質で、動物性脂肪を加熱した食品に多く含まれ、約7%が蓄積し、毛細血管に悪影響を及ぼすとされています。

スポンサードリンク

“ニッキ”が毛細血管を復活させる!?

ゲンキチャレンジャーの中の実年齢より血管年齢が老けていた男女二人。この二人が1週間同じものを食べてリベンジしました!


女性は1週間で血管年齢が30歳に。
男性は血管年齢が35歳相当に一気に若返ったのです!


二人が食べていたものとは、京都名物の「八つ橋」
八つ橋に含まれる“ニッキ”が毛細血管を復活させていたんですね。


毛細血管には“Tie2”という受容体があります。
ニッキは“Tie2”を活性化させて細胞同士をくっつけ、毛細血管の構造を安定化させる働きがあるということなのです。


ポイントは、ニッキに含まれる“桂皮エキス”
最近の研究では、桂皮は毛細血管の漏れを90%抑えることがわかっています。


桂皮のほかでは、同じ桂皮から作られる“シナモン”に毛細血管力を高める効果が期待できます。


1日0.6gでTie2が活性化し、毛細血管は若返ります。

食べ物以外で毛細血管を強くする方法とは?

食べ物以外で毛細血管を強くする方法は、やはり運動です。
でも、運動と言えないくらい簡単な方法。


毛細血管は上肢、下肢の筋肉に全体の7割くらいあるので、血流をよくするためには手足の運動をするとよいのです。


かかとの上げ下げと両手をグーパーしたりするだけでも血流が上がってきます。これを朝晩20回行うだけで毛細血管を強くする効果があります。


ほかには、ルイボスティ、グァバやキンカンなどもTie2を活性化させる効果があります。

まとめ

実年齢より血管年齢が老けていたお二人が、たった1週間で若返ることができたということ。でも、これは気を抜くとまた1週間で血管年齢が低下する可能性もあるということなんですね。


私はシナモンが好きで、トーストにはちみつをつけてシナモンパウダーをふりかけたり、コーヒーにミルクとシナモンを入れたりしていました。また始めてみようかと思います。


毛細血管、侮れないですね~。。


関連記事 >
「ガッテン」で、毛細血管のケアをして若返る方法のなかで、“スキップ”が取り上げられていました。 “スキップ”。 普通オトナはやりません。 子どもは本当にリズミカルに、軽やかに“跳ねます”
関連記事 >
血管の老化は病気のリスクが高くなる不安があります。 でも、血管が老化しているかどうか自覚症状がないので、検査をしてみなければわからないと思っていました。 でも、自分でもわかる方法があるんですね。 それは

スポンサードリンク