Wokandapix / Pixabay

TBSの「ゲンキの時間」を見ていたら、足のトラブル対策をやっていました。
これからは、サンダルなど足の目立つ季節になってくるので、見た目も重要ですよね。


今回、足の水虫対策などもありますが、足裏のアーチが崩れることによるトラブルがいくつか紹介されました。


 スポンサードリンク

足のトラブルの原因は足裏アーチの崩れだった!?

足裏のアーチは、親指の付け根、小指の付け根、かかとの3点を結ぶ靭帯と筋肉のことです。


足には人体の4分の一の骨が集まっているんですね。


足裏のアーチがあることによって、歩くときに地面の振動などが吸収されて、骨に直に響かないようになっています。
ここが崩れてくるとどうなるか?


このアーチが崩れると、その振動が頭に響かないように無意識のうちに自分で歩き方を変えてしまったりするんですね。
その結果、腰や膝に負担がかかり、腰痛の原因になったり、膝痛になったりこともあります。


足のトラブルは全身に影響を及ぼしますから、頭痛肩こりなどの症状が出る方もいます。


463835

足の検診でわかること

番組では、ここで、足の皮膚や爪を始め、筋力や骨の配列、靭帯や腱の柔軟性などの検査をしました。
立った時に足裏にかかる圧力の検査(荷重検査)によって、アーチの崩れがわかります。


アーチは身体を支える土台なんですね。
アーチがあるので、人は二足歩行ができるんです。
階段の登り降りやものを持ち上げる行為なども、アーチがあるからこそできること。


なのに、現代人の多くはアーチが崩れてきているんだそうです。
主な原因は、加齢肥満、運動のしすぎ。
反対に運動不足でも崩れの原因になるとのことです。

アーチの崩れによる足のトラブル

《外反母趾》
外反母趾は靴だけではなく、かかとが原因で起こることが多い。
かかとが傾いているためにアーチが崩れる、ということ。


アーチが崩れ→かかとが傾く→骨がねじれる→親指が曲がる
外反母趾の親指の変形は、脱臼によるものだそうです。


外反になりかけの最初の頃はかなり痛みが伴うのですが、完全に脱臼すると痛みはなくなってくるとのこと。


《足底筋膜炎》
足裏の筋肉の表面にある厚い膜に細かい亀裂が入り、炎症が起こること。


アーチが崩れると、足底筋膜も一緒に引っ張られてしまい、かかとが痛む。
日本人の5人に1人が足底筋膜炎の経験者とのこと。


190138

足のチェック法

ここで足のチェック法をご紹介します。

片足立ちチェック

○片足でどのくらいの時間立っていられるかで、アーチの状態をチェックします。

○アーチはクションのように伸び縮みをすることで体重を分散させ、バランスを取ります。
アーチが崩れていると、クッションがないのと同じで、足本来の力が発揮できなくなるのです。

○長時間歩くと親指がしびれるという症状は、自分の足で自分の足の神経を踏んでしまうことによる痛み。

足底圧計によるチェック

足底圧計で歩いた時の足裏にかかる圧力の測定をします。

○着地の面積が広い人は、足裏の神経を踏む可能性があります。

簡単アーチチェック

○かかとから指を沿わせていくと部受かるアーチのの上にある骨に印をつける。

○座った時と立った時でどのくらい印に位置が変化するかを測定。
 印が1センチ以上変化するとアーチが崩れている可能性大とのこと。


残念なことに、一度崩れたアーチは元に戻ることは難しいとのことです。
なので、変形したあとのケアとしては、インソールなどでアーチの補正をすること。


これでアーチの崩れを抑制することができます。
市販のインソールがなかなか合わない場合は、フットケア外来創傷ケアセンターなどの医療機関で作ることができます。

スポンサードリンク

アーチの崩れの予防法

≪アキレス腱伸ばし≫

アキレス腱が縮むとかかとが傾きアーチが崩れてしまうので、アキレス腱の柔軟性を高めておくことが重要です。


私達がよく知っているアキレス腱伸ばしは、片方の足のアキレス腱を伸ばすとき、反動をつけました。
でも、これでは効果は望めないようです。


正しいやり方としては、

・足を一歩前位に出す。この時、足同士が平行に、また壁に対して垂直になるように気をつけること。

・かかとはつけたまま反動はつけず、前に押すように前の膝に体重をかけるようにします。

・一日合計5分程度行う。

足の皮膚トラブル

タコとうおの目

タコもうおの目も皮膚の防御反応の一つ。アーチが崩れるなど、圧力がかかるとできやすくなります。

タコ

指の付け根や骨などの面似で着やす行く、外の向かって皮膚が厚くなる。

うおの目

骨の間の関節のくぼみなど、点に出来やすい。内側に向かって芯を作り、痛みを伴うことも。


両方共、表面を削ったりしても一時的なもので、アーチの崩れをインソールを使い補正して、根本的な改善をする必要があります。

水虫

白癬菌というカビが感染して発症します。不思議な事に患者の半分以上は痒みがないとのこと。

 水虫のタイプ
・趾間型:指の間にできて、ジュクジュクしたタイプ

・小水疱型:小さな水ぶくれができ、破れると皮がぼろぼろになり痒みを伴うタイプ

・角質増殖型:ガサガサして固くなる。ほとんど痒みはなく、冬にはひび割れてかゆくなることも。



そして、上記の各種水虫の最終版が「爪水虫」となります。
こちらは、爪に発症して、爪が肥厚したり、崩れたり、ほとんどは変色しています。


この変色を、初期の頃は加齢によるものだと勘違いされる方がいますが(番組の中のモニターさんも)、気になる方は一度皮膚科に行かれたほうがいいかもしれません。


水虫は感染力が強いので、感染源であるバスマットなどはこまめに選択をすることをオススメします。
身体や頭皮にも感染しますので、注意が必要です。

まとめ

「ゲンキの時間」という30分の番組の中で、足のアーチが崩れることによる弊害を取り上げていました。
時間の割には内容盛り沢山だったと思います。


アーチが崩れる(原因:加齢・肥満・運動量など)→歩行時のクッション性がなくなるので、それをかばうような歩き方をする→腰や膝に影響→腰痛・膝痛などを発祥→全身の健康に影響
という図式になるでしょうか。


実は、足の変形は「靴」との関係を抜きに語れません。
こちらに関しては、いずれ書きたいと思います。


スポンサードリンク