ai_img_7769_tp_v


「小顔」は若い人たちだけの理想ではありません。
小顔になるといいことはたくさんあります。


まず、全身のバランスが良くなるので、服を着ても着映えがして、おしゃれな印象になります。
体重が減ったわけでもないので、やせて見えます。
肌もキレイに。


毎日鏡を見てエクササイズすることで結果が出てくると、自信につながるので、表情がイキイキとして魅力的になります。何ごとも自分の努力で手に入れたものは、自信につながりますよね。


今からでも「小顔」になれる?無駄な努力にならない?
と心配するくらいなら、まずはどれでもいいので試してみましょう。
顔のエクササイズの影響は、顔だけにはとどまらないかもしれませんよ。


 スポンサードリンク

「セルフ小顔」は手軽なエクササイズから

まず、簡単にできるエクササイズから始めましょう。


《口輪筋を鍛えて口周りをスッキリ!》
「あ・い・う・え・お」を思い切り大きく口を開けることで得られる効果より、一度口を閉じなければ発声できない「ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ」のほうが口輪筋を大きく使うことになるので、口周りの筋トレになります。


実際に声を出さなくても大丈夫。
どの筋肉を使っているのか意識することでより効果を感じられるかもしれません。


口輪筋が衰えてくると、口角が下がってきます。
いつも笑顔の人は、無意識のうちに口輪筋を使っているんですよね。


口角が下がってくると、顔の表情も暗くなりますし、油断していると、機嫌悪いのかな、と思われるかも。


cd567be08bf21b436420da60675a562d_s


実際のやってみるとわかりますが、「ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ」の口の開け方が、顔全体の筋肉に作用します。


このエクササイズをすることで、頬の筋肉や顎の下の「オトガイ筋」ほか、すべての表情筋に作用し、頬のたるみや顎の下のラインのタルミも解消できます。


《フェイスラインとほうれい線》

全体を小顔にするエクササイズはタルミにも効果があります。
でも、タルミが特に気になる頬から顎の下あたりは特に集中的にやってみましょう。


やり方は、人差し指と親指で皮膚の表面を軽くつまむような感じで移動します。
下のお肉まで(厚く)つままなくてもいいです。
その時、意識して呼吸をゆっくりとすること。


○フェイスライン
左の顔は右手で、耳の下から顎先まで、フェイスラインにそって親指と人差指で軽くつまんでいきます。
痛いほどつまむ必要はありません。ゆっくりと呼吸に合わせて少しずつ進みます。


顎の下まで来たら、指を揃えて今度は顎の下から耳の下まですべらせるようにし、耳まで来たらその手を首筋に沿わせるように鎖骨までおろします。
そして、そこから鎖骨に添わせて喉元まで手を滑らせます。


同じ動作を3回やってから、反対側も同じようにやります。
手は必ず顔と反対の手で行います。


○ほうれい線
ほうれい線は顔と同じ側の手を使います。
親指と人差指でほうれい線の上から下まで小刻みにつまんでいきます。


今度は、ほうれい線の上を指でなぞります。往復3回。
つまむ+なぞる、を3回繰り返したら、反対側のほうれい線も同じようにします。

スポンサードリンク

仕上げはホットタオル

ホットタオルのスチーム効果は、顔全体の新陳代謝を高め、小顔に特に効果があります。
やり方を説明します。

・フェイスタオルか大きめのハンドタオルを畳んでから濡らして絞り、小さめのポリ袋(スーパーの袋)に入れ、電子レンジで1.2分チンします。

・ポリ袋の底にタオルを平らに広げ、袋の口に顔を近づけます。
その時、やけどをしないように気をつけてください。


つまり、温かいタオルで顔を覆うのではなく、熱いタオルのスチームを顔に当てるのです。
スチームが効かなくなってきたら直接タオルを顔に当てるタイミングです。


あとは、そのタオルで顔を拭き、いつものように化粧水などでお肌を整えてください。

顔のタルミの要因はこんなところにも

ハリのない肌はタルミの原因。
肌を健康に保つためには、こんなことにも気をつけましょう。

・喫煙(肌のストレスになるので老化を早める)
・一日中パソコンに向かっていることが多い(表情の変化が少ない)
・睡眠時間が少ない(ホルモンのバランスを崩して、皮膚の新陳代謝を阻害する)
・肉や魚などのタンパク質をあまりとらない(タンパク質はお肌づくりに必要)

最期に

「うなはだけ」という言葉を知っていますか?
う:うるおい
な:なめらか
は:ハリ
だ;弾力
け:血色

美肌に必要な要素ですね。
美肌の呪文みたいなもの。


健康で美しい肌があってこその「小顔」かもしれません。
健康でハリのある肌は、タルミにも強い!ですね?


関連記事 >
今朝、鏡を見ていたら、昨日まで気が付かなかった場所に、なにやら薄い影のようなものが差している(!) もしかして、これって“シミ”?! まだ、薄ぼんやりしている状態なので、もしかしたら“消す”ことができ
関連記事 >
最近はテレビの健康番組などでいろいろな植物オイルが登場します。 オリーブオイルを筆頭に、ココナッツオイル、えごま油、月見草オイルなどなど。そして、えごま油が放送された後は、街からえごま油が消えてしまいます。
関連記事 >
女性が顔のトラブルで一番気になるのは「ほうれい線」。 次が「目元」となっています。 ほうれい線は、自分が気にすれば気にするほど深くなっているような気がします。 時々指でなぞってみるのですが(実はそう

スポンサードリンク