お天気も良いので、少し寒かったけれど川崎駅周辺の本屋さんめぐりをしてみました。川崎駅周辺には大型書店が3つ、それぞれ、DICE、アトレ、ラゾーナにあります。


それから、アゼリアが新しくなってからは、規模は小さいけれど、最近増えてきた新しいタイプの本屋さんができました。


以前、アゼリアにはアトレと同じ有隣堂があったのですが、新しくなってから有隣堂はアトレのみになりました。では、1つずつご紹介しますね。


 スポンサードリンク

“あおい書店”川崎DICE


エスカレーターで上って4階

まず最初は“DICE”の4階にある“あおい書店”
売り場面積は1000坪。蔵書は50~60万冊とか。


ビジネス系が細分化されているので、総合的にはかなりの面積を占めていると思います。


人それぞれ本屋さんに行ったときまず何から見るか、というのは違うでしょうが、私が気になった美術コーナーの塗り絵部門が他のお店と比べると少ないような印象を受けました。



〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町8 川崎DICEビル
044-233-6518

“未来書店”川崎アゼリア店

昨年3月にアゼリアに新規オープンした書店。最近こんな感じの書店を都内でよく見かけますね。本だけではなくて、関連した雑貨などが同じ空間に置いてあるお店。


アゼリア内の未来書店には白木のカウンターがあって、腰かけて本を読むこともできます。ちょっと喫茶店みたいです。



〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町26−2
044-221-1251

スポンサードリンク

“有隣堂”アトレ川崎店




駅ビルが“川崎BE”の頃から、有隣堂は徐々に縮小してきています。以前は5階がステーショナリー、6階に書籍と2フロアーあった有隣堂も、先日久しぶりに訪れたら、6階のフロアーも3分の2くらいになっていました。


個人的には手芸関連の書籍が見ごたえがあったのに、今はだいぶ少なくなっている印象があります。料理本は頑張っていますね。人気の塗り絵はコーナーで展開していました。




以前は、川崎で大型書店といったら“駅ビルの有隣堂”が一番でした。神奈川県の老舗なので頑張ってほしいと思います。



〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区川崎区駅前本町26−1 アトレ 川崎 6F
044-200-6831

“丸善”ラゾーナ川崎店

有隣堂が縮小してきた背景には、ラゾーナの丸善という存在があるからでしょうね。なんと言っても大型書店が近すぎ!売り場総面積は1000坪とのことで、あおい書店とほぼ同じですね。


丸善の方が全体的に白っぽい印象なので広く感じるかもしれません。それと、いつ行っても人が多いですよね。レジ待ちは当たり前?


あおい書店と大きく違うのはステーショナリーの売り場でしょう。あおい書店は文具は扱っていないので、蔵書の数からいったらあおい書店の方が多いかもしれませんね。丸善のステーショナリーは高級感があり、見ているだけでも楽しいです。


丸善もときどき書籍の配置が換わることがありますけど、今日も少し迷いました。私が必ずのぞく手芸関連の書籍の棚が見当たらず、表示を探して歩いていると、子どもの絵本などの棚と同じ通路に移っていました。


これも作戦なのでしょうか?子供が夢中になって本を探している間、お母さんは手芸関連の本をぱらぱら立ち読みできますものね。気に入ったら買っちゃうかも!?



〒212-8576 神奈川県川崎市幸区 ラゾーナ川崎プラザ 1階
044-520-1869

まとめ

川崎駅周辺の本屋さんには、もう1つリサイクルブックの“ブックオフ”が川崎モアーズの3階にあります。こちらも大型書店といってもいいかなと。。

駅近でこんな広さのブックオフがあるのはすごく便利!普通の大型書店より宝探し気分が味わえて、滞在時間がどんどん増えてしまいます。

本好き、活字好きな人間としては、この環境は替えがたいですね。


スポンサードリンク