仕事先を自転車で移動するときに、すでに強い日差しが手の甲をじりじりさせる季節になりました。
これからどんどん紫外線が強くなるので、今から紫外線対策を真剣にやらなければ、あとで泣くことになるかもしれませんよ。


ということで、最近の紫外線対策の新情報をお伝えします。
まずは、最近気になる“目の紫外線対策”から始めます。




 スポンサードリンク


目の紫外線対策

目から入る紫外線の影響については、最近特に言われるようになってきました。眼は外部にさらされている唯一の臓器。なので直接的なダメージを受けやすいのです。


まだ動物実験の段階ではあるのですが、目から入って来る紫外線が肌にシミをつくるということがわかってきています。


それから、目の紫外線を予防することが老眼の予防にもなるというのです。
でも、なぜ?って思いませんか?


レンズの役目をする目の中の水晶体は、遠くを見るときは薄くなり、近くを見るときは厚くなってピントを調節しています。ところが、この水晶体が紫外線を浴びると、目の中に活性酸素が発生。その結果、水晶体が硬くなり、ピントの調節がしづらくなるというのです。


これが積み重なると老眼を引き起こしてしまうことがわかってきたのです。さらに、紫外線は白内障も引き起こす可能性があります。


では、紫外線から目を守るにはどうしたらいいでしょうか?


まず誰でも思い浮かぶのは、サングラスをかけること。
ただ、サングラスの選び方にも注意が必要です。


特に色の濃いサングラスをかけるのは、まぶしさを避けることには有効ですが紫外線対策としては要注意です。なぜなら、濃いサングラスをかけると暗いので、瞳孔はよりたくさんの光を取り入れようとして大きくなるからです。


そのため、大きく開いた瞳孔にたくさんの紫外線が飛び込み、網膜への影響が大きくなるのです。できたらサングラスの色は薄めでUVカットを必ずしているものを選んでください。


黒いサングラスでUVカットがされていないものが一番危険ということですね。

日焼け止めの塗り方、大丈夫?




紫外線にはA波とB波があるということはご存知ですか?
A波に関する表示は“PA”。紫外線A波をカットする力のこと。
B波に関する表示は“SPF”。紫外線B波をカットする力のことです。


SPFは、大体20~50くらいまであり、数字が大きくなるとそれだけ紫外線B波をカットする力が強いということになります。


紫外線A波に関するPAの表示は、「PA+」のように書かれています。

「+」・・やや効果がある。
「++」・・効果がある。
「+++」・・非常に効果がある。

ということです。

スポンサードリンク



よかったらこちらの記事も参考になさってください。

紫外線対策はまだ間に合う 自転車愛用者の必需品はコレ!


日焼けやシミのもとになるのはB波。
SPF30でおよそ10時間効果が持続するとされています。


ただ実際は汗などで流れたり、こすってしまったりすることがあるので、一日の始めにたくさん塗ってそれで終わりではなく、様子を見ながら2.3時間おきに塗る方が紫外線対策としては有効です。

光老化を防ぐ日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めはムラなく、まんべんに、塗るのが基本です。
塗り方の確認をしましょう。

顔にクリームを塗る場合、500円玉くらいの大きさを

①額・鼻・あご・両ほほの5点に置く

②さーっと塗るのではなく、全体に広げる形でむらがないように塗っていく

③腕も広げるようにまんべんなく塗る



A波はB波より長く、真皮の深いところに届き、肌のハリを失わせます。
肌の老化は生活習慣や環境によるものと考えられていましたが、最近では紫外線によるものが皮ふの老化の8割に及ぶという調査報告があります。


紫外線のA波を防ぐかどうかで、シワなどにかなりの影響がみられるようになります。
光老化を防ぐためには、最低でも2プラス以上の日焼け止めを選ぶ必要がありますね。

PA+・・効果がある
PA++・・かなり効果がある
PA++・・非常に効果がある

“食べる日焼け止め”とは?

抗加齢医学の専門医である日比野ドクターが、体の中から紫外線を防ぐ、食べる日焼け止めとして“ホットヨーグルト”を摂ることを推奨しています。



日焼け後のお肌の回復には乳酸菌が効果的だということなのですが、実は冷蔵庫から出したばかりのヨーグルトを食べるより、レンジで少し温めてから食べる法方が乳酸菌が活性化して、日焼け後のお肌の回復を早めてくれるのですね。


ヨーグルトを温めるときラップは必要ありません。そのままレンジに入れ40秒ほど温めます。
時間的には夕食後に食べるのがお勧めです。
腸に吸収されて効果が出やすいからです。
一日200gくらいを目安に召し上がってください。

最後に

今、個人的に紫外線の影響で一番気になるのは、老眼や白内障など眼に対しての害。眼から紫外線を浴びることで肌のシミの原因にもなるなんて、本当に怖いですね。

しかも、強い日差しがまぶしいからと色の濃いサングラスをしていると、UVカットをしているサングラスでも気をつけないといけないかもしれません。
紫外線は正面からばかり当たるわけではありませんから。


メガネのテンプル部分が細いタイプのものより、太めの方が紫外線をより防ぐことができます。
デザインの好き嫌いはあるかもしれませんが、脇をカバーするには太目をお勧めします。


スポンサードリンク