“よじごじDays”で川崎大師風鈴市を取り上げていました。
案内するのは、今年前厄!?の柳原加奈子さん。


川崎大師風鈴市は、今年で22回目。昨年の来場者数は約30万人です。
日本全国900種類、3万個の風鈴が展示・販売されています。


でも、なぜお寺で風鈴市なのでしょうか?
平間寺、広報課の原隆英さんに聞くところによると、
「風鈴というのは、もともと中国の民家の軒先に鐘を魔除けとしてぶら下げていたもので、それが仏教の建築とともに日本に伝わったもの」とのことでした。


風鈴の起源は「風鐸」と呼ばれる鐘で、その音が魔除けになると言われていたんですね。
それで、お寺と関係の深い風鈴を全国から集めて行事として行うようになったということです。


川崎大師のオリジナルの「厄除だるま風鈴」という風鈴があります。今年はあらたにオレンジ色の新作ができたようですね。
風鈴は各都道府県の風鈴が揃っています。今年のお勧めは「くまモン風鈴」。3.4種類あって、泣いたり笑ったりの表情が豊かなのだとか。珍しいものでは、「炭」や「石」などの風鈴もあるとのことです。


 スポンサードリンク


川崎大師&川崎駅周りのオススメフードは?

珈琲茶房 餅陣住吉

川崎大師仲見世通りにある、久寿餅の住吉は、久兵衛さんという方が作ったのだとのこと。

関西の葛餅は「葛」の根が原料なのだが、関東の“久寿餅”は小麦粉のデンプンを発酵させたもの。


取材時は店内改装中のため、“珈琲茶房 餅陣住吉”で、加奈子さんが食べたのは、久寿餅と「くずもちサンデー」







だるま専門店 髙橋太一商店

創業72年のだるま専門店“髙橋太一商店”。
お勧めのだるまは、毎年オリジナルでつくる「十二支だるま」とのことです。


だるまの起源に話が及ぶと、「言い伝えによると、江戸時代に疫病が流行って大勢亡くなったのだけれど、だるまさんを置いている家は誰も亡くならなかった。それでだるまさんを置くと疫病にかからない」ということで、各家でだるまを置くことが広まったとのこと。


引用元:髙橋太一商店HP

創業149年 飴専門店 松屋総本店

とんとこ飴さらしで有名な松屋さん。ナタのような包丁でリズミカルに飴を切るパフォーマンスが目を引きます。定期的に各地でイベントがあり、本店以外でもパフォーマンスを見ることができます。


引用元:松屋総本店HP

さらし飴は新潟産の米飴と麦芽糖化水飴をブレンドしたもの。コクと風味がありとても柔らかく、美味しいです(実感!)。

ラ・チッタデッラ

“ラ・チッタデッラ”はイタリアの街をイメージした、ショップ・レストラン・美容・保育施設・ウェディングなど様々なサービスが集まる楽しみいっぱいのエンタテイメント・シティ。


ラ・チッタデッラ内にある「かすう工房」には、かんざしや帯留めなど職人手作りのオリジナリティあふれる和のアイテムが揃っています。かんざしも各種あり、普段使いの髪止めとして使うと新鮮!

中華 成喜(なるき)

創業80年の“成喜”。初代社長が餃子を初めて川崎に持ってきて、“ウチ”で始めたとのこと。安くてボリュームのあるところがこれほどまでに広まった要因かもしれないですね。


“よじごじ”の案内人、加奈子さんは、川崎のソウルフード「餃子」にみそだれの組み合わせを食べたことがないということで、チッタデッラの近くの「成喜」へ。餃子と一緒にビールを頼んで満足そうでした♪





ここで、みそだれの黄金比率を公表していましたよ。
「みそが7:酢が2:ラー油が1」の割合。

餃子(5個)378円
かわさき餃子みそ 540円

でした!ご参考まで。

スポンサードリンク

焼き肉ジンギスカン つるや

川崎は焼き肉の激戦区。市内には250店舗以上の焼き肉のお店があります。
「つるや」では、川崎ならではの焼き肉の食べ方を紹介しています。


まず登場したのが、中盛りキャベツ
これが、中盛どころか、大盛なのです!でも、面白ことに「大盛」という表示が、ない!

でも、「小盛」はあるようですよ!?


さて、このキャベツの食べ方なのですが、自家製ドレッシングををたっぷりかけ、焼き肉でキャベツを包むように食べるんです。


加奈子さんは、お肉とキャベツを同時に食べられるのでヘルシーだと言っていました。焼き肉を食べに行くと、どうしても「肉オンリー」になりやすいですものね。このキャベツのボリュームは女子にはうれしいポイントです。

まとめ

ラ・チッタデッラ内のお店はレストランを利用することが多いのですが、今回、加奈子さんが番組のスタッフのためにお土産として買ってきたものが魅力的でした。

「かすう工房」にあったデザイン傘も、ほかでは見ないようなカラフルで楽しいものが多かったし、お店の中心の「かんざし」も小ぶりなものが多く、仰々しくないので気軽に使えそうです。


地元なのに知らなことは、まだまだたくさんありますね。

スポンサードリンク