キッチンで食器を洗う時も、洗面台で歯を磨いている時も、ついつい水を流しっぱなしにする癖がついていました。
でも、今回そういうもったいない使い方をやめると、どれほどの節水になるのか、あらためて考えてみるきっかけになりました。


これからは、水不足でない時も、節水に気をつけようと思います。


 スポンサードリンク

“水不足”と判断すると始まる制限とは?

今年、すでに関東では「取水制限」が始まっています。
現在10%の取水制限。


“取水制限”とは、川から取水する量を制限すること。
ダムに降る雨の様子を見ながら、川から取る水の量を調整するということですね。


この取水制限はどこが決めるのかというと、関東地方の利根川水系ダムに関しては「利根川水系渇水対策連絡協議会」というところが決定し、実施します。


この協議会は、「国土交通省と利根川水系ダムに関わりのある東京、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木の6都県の水道局関係者によって集められて協議会:引用 」とのこと。


取水制限をしても水不足が解消されない場合は、次に“給水制限”になります。
「給水制限」とは、各家庭に供給する水の量を制限すること。この辺りで「水不足」の実感が伴ってくるのではないでしょうか。


この「給水制限」にも段階があります。
まず、「減圧給水」。
これは、24時間水は出るものの、圧力を下げるため水の出が悪くなるのです。


次に「時間給水」。
断水のことですね。定められた時間水が出ない状態のことです。
この時間帯も、渇水状況により時間が長くなります。


この辺りで、家庭では水をためておく対応が必要になります。

神奈川県は水不足にならない?

神奈川県は、水がめが「相模川水系」「酒匂川水系」となっていて、関東でも他の6都県と違うのですね。


ちなみに、相模川水系には、相模ダム・城山ダム・宮ヶ瀬ダムがあり、酒匂川水系には、三保ダムがあり、4ヶ所の合計貯水率は今日現在で90%以上となっています。

スポンサードリンク

家庭でできる水不足対策とは?

水不足対策ではありますが、普段からこういう習慣を持つようにすると節約にもつながるかもしれません。
そんな方法やアイデアを集めてみました。

キッチンでの節水対策

・流す水の量に気をつける
・流しながら食器などを洗わない。先に洗剤ですべて汚れを落としてから一気に水で流す。
・油などは先に紙などで拭いてから洗う。洗剤の量も水の量も少なくて済む。
・洗剤の量を適量に。多すぎると洗い流す水の量も増えます。

お風呂での節水対策

・シャワーはこまめに止める
・残り湯は有効利用する(洗濯・植木の水やり・洗車・掃除など)
・必要な量で適温を心がける
・シャワーだけ利用するときも、浴槽内で使い、湯はためるようにする
・上がり湯のシャワーも浴槽内で済まし、湯はためる
・足し湯のことを考えて家族は続けて入るようにする

洗面所での節水対策

・歯磨きにはコップを使用する
・洗顔時には洗面器を使用する
・洗顔するときもシャンプーするときも、先に泡だけ取るようにすると使う水の量を減らすことができる


236897

洗濯での節水対策

・まとめ洗いする
・洗剤は適量にする
・お風呂の残り湯を使う
・残り湯はできるだけ温かいうちに利用する

トイレの“正しい”節水対策

・大小の切り替えレバーを使い分ける
・トイレタンク内の水を減らす方法はとらない
・よくタンクの中にペットボトルを入れているお宅がありますが、水量が減ると水圧が弱まって汚物がきれいに流れなくなる可能性があるので避けたほうがいいです。
・もし20年以上前のトイレを使っているような場合、節水タイプのトイレに換えてみるというのもアリかも知れません。
水道料金の大幅は節約と、今後起きる可能性の高い修理代金を節約できます。

まとめ

最近気になったのは「取水制限」という言葉です。
どちらかと言うと「給水制限」のほうが耳馴染みがあったのかもしれません。


今夏、関東が水不足になるというので「断水!?」と焦ってしまったのですが、どうやら我が神奈川県は今のところ全く問題はなさそうです。
関東でも神奈川県だけは水がめが違うというのも、ぼんやりとした記憶だけだったので、今回自分の知識不足を再確認してしまいました。


スポンサードリンク