18ebdc0e3cf009111c9e8ad152d1c4de_s

普段は、ハーブティコーヒーを飲むことのほうが多いので、
緑茶を飲む回数は少ないのですが、
夏になると、なぜか冷たい麦茶より、冷たい緑茶を飲みたくなります。


緑茶は日本人とは切り離せない飲み物です.
おいしいし、温かいお茶だと心までほっこりするし、
緑茶の魅力は深いです。


緑茶を飲むことによる健康効果って
まだまだ、これからも発見されていくのかもしれませんね。

 スポンサードリンク

緑茶の成分とその健康効果とは?

お茶というと、“カテキン”がまず浮かびますよね。

このカテキンは、
フラボノイドの一種で体脂肪を燃焼させたり、
強い抗酸化作用で老化を予防し、血管を良好な状態に保つため、動脈硬化高血圧の予防につながります。



98755f3ffb140a0c15f5560c70331263_s

この強力な抗酸化作用は
ガンの発生を抑える効果もあるということです。


緑茶の成分の中で特にうまみに関する成分としてテアニンというアミノ酸の種類があります。


テアニンはお茶に含まれているカフェインの興奮作用を緩和する働きがあります。


テアニンは、脳の神経細胞を保護する働きがあるため、テアニンを飲んだ後はα波が出やすくなるようですよ。


つまり、リラックス効果が期待できるってことですね。


緑茶に含まれているアミノ酸には、ほかに
アスパラギン酸、グルタミン酸、アルギニンなどがあります。

忘れてならないのは、カフェイン


高級茶葉により多く含まれているカフェインは覚せい作用や利尿作用があります。カフェインととることで、作業効率が上がったり運動能力を向上したり、といったこともあるようです。

温かい緑茶と冷たい緑茶の成分の違い

緑茶って、淹れる温度によって出てくる成分に違いがある、って知っていますか?


暑い時期に冷たい緑茶を淹れるときも、湯で抽出したものを冷やすのと最初から水出しで抽出するのでは出てくる成分が違います。


湯で抽出した緑茶にある成分はカテキンとテアニン。水出しの方はテアニンのみが抽出されました。


そうなんです。
水出し緑茶はすごくおいしいんですけど、カテキンは出てこないんですね。カテキン効果を期待している方にはちょっとがっかり!ですね。。


でも、ここで実は、新しく発見されたエピガロカテキンという成分が登場するんです!


エピガロカテキンを体内に取り入れると白血球の一種であるマクロファージが元気になる、ということが研究の結果わかっているんです。


免疫を活性化することに効果的に作用する「エピガロカテキン」。


ほかには、
エピガロカテキンガレート
エピカテキンガレート
エピカテキン

などがありますが、エピガロカテキンは特に免疫力にかかわる成分でカテキン全体の11%を占めているということです。

水出し緑茶の成分を引き出す作り方

そこで、エピガロカテキンを上手に抽出するための水出し緑茶の入れ方を説明します。


c607181e85a8215cc93f476bd7e3b139_s


煎茶:10g
水(氷入り):100ml

用意した急須かポットに煎茶を淹れたら
氷水を注ぎ、5分待ちます。

そして、お茶碗に注ぎます。

それだけ、、なんですけど、

ここで注意することは、
最後の一滴まで完全に注ぎ切ること

そうしたら、急須ごと冷蔵庫に保存することができ、
4、5煎はお茶を飲むことができます。


それに、2煎目からは氷水を入れて5秒待つだけでOKです!

家族みんなで飲むのでたくさん作りたい!という場合は、

10gをお茶のパックに入れ、氷水を1ℓ入れ、そのまま冷蔵庫へ。

30~40分経ったら、ポットを軽く振り、中からお茶パックを取り出します。

これでたっぷりいただけますね♪

最後に

温かいお茶にはカテキンは入っています。
実は、エピガロカテキンも入っている?のですが、その効力はカテキンに抑えられてしまうようなのです。


でも、普通にカテキン効果も得たい、という方は、水出し緑茶を飲んだ後の急須に、今度は普通にお湯を入れて、普通にお茶を飲めば普通にカテキンを摂取できる、というわけです。


最近は、出がらしのお茶っ葉も料理に活用できたり、かんで歯磨きにしたり、乾燥させて消臭剤代わりにしたり、活用の幅が広がっていますね~。。


今度は使い終わった緑茶で、佃煮でも作ってみようと思います。。

スポンサードリンク