7月29日公開の「シン・ゴジラ」。
川崎市内での撮影場所が多いみたいですね。


世田谷在住の樋口真嗣監督が多摩川沿いの川崎の風景に馴染みがあったようで、撮影場所として選ばれたようです。


実際には川崎のどこで撮影されたんでしょうか?
「映像のまち・川崎」としては、撮影場所が気になります。

 スポンサードリンク

“シン・ゴジラ”、川崎での撮影場所はどこ?

○武蔵小杉と市内各地
“シン・ゴジラ”では武蔵小杉近辺がたくさん登場しそうです。


○昭和電工の工場内
どんなシーンで登場するのでしょうか?
http://www.sdk.co.jp/kpr/tour/


○LISE(川崎生命科学・環境研究センター)
この場所をヨーロッパの研究施設に見立てたようですね。
http://kawasaki-lise.jp/


○アゼリア
アゼリアの地下街で、群衆のパニックなどが起こるのかも!?

“シン・ゴジラ”公開記念イベント!

○「シン・ゴジラ」公開記念スタンプラリー開催中!
6/19~7/22までスタンプラリーを実施しています。


○足型芝生アート展
7/21.22日 10時から16時(入場は15時半まで)には、ゴジラの等身大大足がた芝生アート観覧イベントも開催。
オリジナルクリアファイルまたはノートがもらえます!


詳しくはこちらから↓
http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000077446.html


スポンサードリンク

○ゴジラの足跡を探そう!
実施機関:7/24~8/14
実施場所:イオンシネマ新百合ヶ丘、109シネマズ川崎、川崎市岡本太郎美術館(生田緑地)、川崎市市民ミュージアム、TOHOシネマズ川崎、中原区役所、ラゾーナ川崎プラザ、ラ・チッタデッラ


案内に沿って足跡を撮影すると、ゴジラが川崎に出現した画像のプレゼントがもらえます。


○岡本太郎美術館ゴジラシリーズポスター展
実施機関:すでに実施中~8/31
実施場所:岡本太郎美術館(生田緑地) 


ゴジラシリーズ約20作品を振り返るポスター展
これを見れば、ゴジラの歴史がすべてわかる!


○“シン・ゴジラ”川崎ロケ・パネル展
実施機関:開催中~8/14
実施場所:武蔵小杉周辺、川崎駅周辺、第3庁舎ロビー、生田緑地など。


詳細はこちらから↓
http://www.eizonomachi.com/gozirakawasaki.html

“シン・ゴジラ”以外の川崎のロケ地情報

川崎は今までたくさんの映画やドラマに登場しています。
撮影現場として登場回数が多いのは、「市役所本庁舎」「第3庁舎」「市立川崎病院」などでしょうか。


川崎市は細長いので、地域の表情の違いがはっきりしているのかもしれません。
海側の工業地帯から、中心の都会のビル群、そして緑の多い緑地帯まで、市内だけでもいろいろな顔があります。


こんなサイトがあるということも、今回はじめて知りました。


かわさきロケ情報
http://www.kawasaki-location.org/


この中にお気に入りのドラマがありますか?

まとめ

川崎が舞台になるドラマや映画が気になります。

スクリーンで見ると、いつもの景色が違って見えるので。。

“シン・ゴジラ”でどんな川崎が見られるのか、楽しみです♪

関連記事 >
川崎は映画の街です。 川崎駅近くには大きなシネマコンプレックスが3つもあり、新百合ヶ丘にもシネコンがあります。 映画やドラマの撮影に使われることも多いです。 最近では、“シン・ゴジラ”でも川崎が舞台
関連記事 >
川崎ハロウィンが今年で20周年を迎えます。 “ハロウィン”がまだそれほどメジャーでなかった頃から川崎はチカラ入ってましたよね。 多分、ラ・チッタ・デッラの景観とハロウィンの雰囲気がピッタリだったことが


スポンサードリンク