OpenClipart-Vectors / Pixabay

大根スープが便秘や体質改善にも良いものだということは知っていたのですが、大根1本買うより、こちらの方が簡単にできそうなので、“切り干し大根”を使う方を説明しますね。


 スポンサードリンク

簡単な大根スープの作り方

≪材料≫
切り干し大根:1/2カップ
:2カップ

≪作り方≫
①切り干し大根をボウルなどに入れ、2カップの水で戻す(5分ほど)

②戻した切り干し大根を軽く絞り、みじん切りする

③鍋に②を入れ、戻し汁と合わせて2カップの水を加え、一煮立ちさせる(7分ほど)

④さらに弱火で10分ほど煮てから、切り干し大根をこして、スープだけにする


56bb389aa6a783f9521bb1b62afe9716_s


●スープを飲むときは、空腹時にゆっくりとかむように一口ずつ飲んでください。

●飲んだ後はしばらく食事をとらない方がベターです。

●最初は2週間続けて飲むのが理想的。その後は体が欲した時だけでOK。

●一日にコーヒーカップで1.2杯飲むのが目安。

●冷蔵庫で保存するときは、大根は必ず除くこと。

●冷蔵で保存しても、実際に飲むときはひと肌位に温めた方がよいです。

スポンサードリンク

応用編:大根人参スープ

こちらは生の大根とにんじんで作る「大根人参スープ」です。
≪材料≫
大根:すりおろし大さじ2
人参:すりおろし大さじ2
梅干:1/2個
しょうゆ:2.3滴

≪作り方≫
鍋にすりおろした大根とにんじんを入れ、少し水を加えて弱火で一煮立ちさせる

梅干をちぎって入れ、2.3分煮た後、しょう油をたらす

426570

大根スープにはどんな効果があるの?

マクロビオティックでは、大根には脂肪を溶かす効果があり、特に切り干し大根には生の大根にはない深い作用が働くと言われています。古い脂肪も溶かしてしまうとのこと。


大根は天日に干すとビタミンB₁やB₂が増えるようです。他に食物繊維が豊富なため、便秘に効果があると言われています。一般にダイエット効果があると言われるのは、便通がよくなることによることが大きいのでしょう。


腸の働きが活発になることで、全身の健康につながります。花粉症や肌荒れ、むくみなどにも改善が多くみられますね。
実際に大根スープを飲むようになって10㎏単位でダイエットできた人もいますし、アトピーが改善された人、体臭が薄くなった人もいます。

まとめ

切り干し大根には、体にたまった古く固まった脂肪を溶かして絞り出すような効果があるとのこと。
人によっては、即効性があるので、試す時は自宅にいるときの方が良いかもしれません。

生の大根と切り干し大根とで、スープの違いを味わってみるのもいいかもしれませんね。


スポンサードリンク