あさイチで、イマドキのシングル女性の考え方や暮らしぶりがわかって勉強になりました。


男性に比べて、4人に1人が年収400万以下にもかからわず、マンションの購入を決めているんですね。
それが、7年前の2倍にもなっているということ。


保険の内容にしても、マンションのローンの組み方にしても、現実的でしかも柔軟。
高齢の人たちでも発想や行動力がハンパない。しかも地に足がしっかり着いているところがなんとも頼もしく感じました。


 スポンサードリンク

シングル女性がマンション購入を選択するまで

以前だったら、シングル女性がマンションを購入するということは、もう独身で通す決心がついたのね、くらいの受け取り方をされたと思うのだけど、番組に登場した女性たちは違うんですね。


結婚してもいいし、しなくてもいいし、それとマンションを買うことはあまり関係がない、というスタンスでした。


少し前なら、「自分の城を持つ」って男の人のセリフだと思っていたけど、今やそんな言葉も聞かなくなってきたし、女性たちはもっと軽やかに「自分の空間」を持ち始めているようです。


「夢も現実もどちらも見ている」。
確かにそうなのかもしれません。


20代の頃からマンションを購入することを考えていたという女性もいました。


年収400万の39歳の女性。駅近の2LDKを35年のローンを組み、最近引っ越してきたとのこと。途中で支払いが苦しくなったら、人に貸してもいいと思い駅近にしたと語っていました。

女性リアルライフとは

男性に比べて女性のほうが、生活に支障のないカタチでローンを組む人が多いということでした。


賃貸の時の家賃と変わらないくらいの月々の支払金額。
保険の内容も、男性と違って女性は入院・医療保障に重点を置いて選ぶようです。(男性は死亡保険が多い)


11年前に離婚した44歳の保育士さんの話。
現在、非正規雇用待遇で、年収250万。
同じような境遇の人のために、雇用主との間に立って待遇改善に立ち向かっています。


ここで、収入が低い人の場合は保険よりも貯蓄を優先すべき、とシングル専門のファイナンシャルプランナーの方が一言。


今回はじめて知ったのですが、もしケガや病気で働けなくなった時のために、「所得補償保険」というものの利用を提案していました。「生存時の生活補償をする保険」のことだそうです。


女性の場合、年収が200万以下という人が全体の49.5%にも及ぶという現実があります。


離婚したあと経済的に苦しくなる人も多い中、それでも離婚後の生活満足度は上がっているという話を聞いて、あらためて人の幸せってなんだろう、と考えたりして。。もちろん、人が暮らしていくための最低限のお金は必要ですけど。

スポンサードリンク

「つながり」で幸福度を上げよう!

40代の二人のイラストレーターが同居しています。


おひとり様のふたり暮らし」というマンガ本を出されている、ひよさ&うにささん。都内にある築60年の一軒家にすでに15年も同居しているおふたりの話は自然体で楽しかったです。


お互いのご両親とも親しく、お互いに信頼されているようでした。ちょっと珍しい関係かもしれません。


印象に残ったのが「親の介護の不安がやわらいだ」という言葉。
つまり、ふたりで4人の面倒を見ればいいよね、という感じなんでしょうか。


兄弟がいても自分が独身だったら、親の面倒は独身の自分が見ることになる、とふたりとも考えていたそう。なので、共同で見られると思ったら気持ちが楽になったんでしょうね。


もう1つのお話は、尼崎にある3LDKのマンションにそれぞれ部屋を持つ7人の女性たちのご近所生活。60代後半から80代の女性たちの暮らしぶりです。


お互い仕事関係で知り合い、一緒に旅行などに行っていたそうです。年齢の幅もあるのに、よほど気が合ったのでしょうね。


ある時新しく建ったマンションに全員入居を決めたとのこと。それぞれ個別に。


その中の一人が、自分たちの関係のことを「友達以上家族未満」と言っていました。1人で生きながら助けあいたい、という「3LDKマンションの1人1部屋の近所生活」でした。

最後に

番組の最後の方でお決まりの視聴者のFAXを読むコーナーがありました。


中に、こういう番組を作ることが少子化につながる、というような批判的なFAXがあって、イノッチが軽く反論していたのが印象的でした。


結婚しない女性が増えたり、マンションを購入しようと思うような独立心の強い女性が増えたり(かどうかわかりませんが)、と現象面だけを見たら、未婚→子どもいない→少子化、という図式になるのを心配しているのかもしれませんが。


番組としては、女性の生き方の選択肢はいろいろあるよ、ということを見せたかっただけ、ということでしょう。


これからも時代はどんどん変わります。
時代も女性も多様化してきますから。

スポンサードリンク