ティーバッグ紅茶をおいしく飲む そのあとの活用法もこんなにあって二度おいしい!

生活

夏の暑さを忘れるほど、ここ数日急に冷え込んできたりして、暖かいものが恋しい季節になりました。

今日の“あさイチ”を見ていたら、ゆっくりティーバッグでミルクティでも飲みたい気分になりましたよ。

リーフティを比べるとお手軽だけど、おいしさはイマイチと思われているティーバッグを特集してくれて、なんだかホッとしています。ついでに、使った後のティーバッグの活用法を知ったら、今までずいぶんもったいないことをしていたと深く反省。

紅茶しか飲めない友人もいるのでぜひ教えてあげたいと思います。
では、まずはティーバッグ紅茶をおいしく淹れる方法をご紹介します。

ティーバッグ紅茶をおいしく淹れる方法は?

ティーバッグ紅茶をおいしく淹れるには、まずカップにお湯を入れてカップを温めます。
そのあと、そのお湯を捨て、そこに新しいお湯を入れます。

そうなんですね。ティーバッグを先に入れるのではなく、お湯を先にカップに注いておくんです。

そのときお湯は沸騰直後のものを使います。
そこに、ティーバッグを「静かに」入れます。
そして、カップに(何でもいいので)フタをします。

フタをしないと温度が急激に冷めてしまうからなんですね。
紅茶は温度がとても重要なのです。

さて、蒸らす時間は1分
フタをはずし、ティーバッグを取り出しますが、このときティーバッグを上下に揺らしてチャポチャポ何度も出し入れするのは×です。

このようにチャポチャポすると、紅茶の余計な苦みが出てしまうからなんですね。ここは、チャポなしでゆっくり左右に揺らすくらいで引き上げます。

こんな少しの手間で味が全然違うんです。
これは「蒸らす」という行為が味の差を生むということですね。

紅茶に混ぜておいしく飲む方法とは?

個人的には、おいしい紅茶は何も入れずそのまま飲むか、ミルクティにするのがいつもの飲み方なのですが、今回紅茶の専門家の方たちがかなり冒険的な飲み方をされているので、ちょっとしたカルチャーショックでした。

例えば、
○ハーブのリキュールを入れる

○マーマレードを入れる
これは、パン好きの子供たちのために考えた飲み方だとのこと。
でも、これもアリですね!

○ブランデーを入れる
ちょっと大人っぽい飲み方ですが、紅茶の香りとブランデーの香りのブレンドが楽しめますね。

○チョコレートを入れて溶かして飲む
チョコレートを入れることで、紅茶の甘さが立ってコクが増します。さらにカカオの香りも立ってくるので味に複雑さが出て、とてもおいしくなるとのこと。

○アカシアの蜂蜜を入れる
なぜ“アカシア”か?
これは、アカシアには鉄分が少ないので紅茶の色があまり変わらないということなんです。ほかの蜂蜜だと鉄分が多いので紅茶の成分のタンニンと結合して色が黒っぽくなってしまうから。

使った後のティーバッグ紅茶の利用法とは?

今まで使い終わったティーバッグはそのまま捨てていました。今思うとなんともったいないことを!

出がらしのティーバッグ紅茶1つで、うがい液として使うことで風邪の予防効果もあるんですよ。

使い方は、
コップ一杯のお水をお鍋に入れて、使い終わったティーバッグを入れ、3.4分煮立たせます。

火を止めたあと、レモン汁を入れます。

このうがい液は24時間以内で使い切るようにします。

もう1つ、脱臭剤として使う方法もあります。
これも簡単!
水気を切ったティーバッグを風通しの良いところで2.3日干します。
あとは、これを冷蔵庫や下駄箱に入れるだけ。

日本の紅茶も頑張っている!?

最近は、日本の紅茶も頑張っているようです。
日本産の紅茶って、日本全国に広がっているんですね。

現在、沖縄で生産されている紅茶が海外からの評価が高いとのこと。
スリランカのアッサム地方と同じ緯度にあり、紅茶に向いている酸性度の高い土。硬くてぱさぱさの土は、スリランカでは「神さましか作れない紅茶の土」と言われていて、人間の力では作り出せないものということです。

日本茶AWARDというイベントもあります。
ここでは国産紅茶が試飲でき、国産紅茶の№1が決まります。

全国地紅茶サミット
こちらも毎年開催されています。
30ヶ所の国産紅茶が購入できるんですね。

日本の紅茶、頑張れ!

まとめ

最後に、紅茶の賞味期限について。
紙のティーバッグで2年。
アルミの袋入りで3年とのことでした。

もう1つ、番組の中で期限の切れたリーフティをおいしく飲める方法について取り上げていました。

リーフティは古くなったらフライパンで炒るとほうじ茶になります、とのこと。

ほうじた紅茶はどんな味なんでしょう。一度試してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました