腸をきれいにすればダイエットもスピードアップ!手軽で簡単なアイデアレシピ4選

健康
夕食を外でとることが多かったり、飲み会が続いたりすると、おなかが重ったるくなって太ったような気がします。実際に体重も少し増えているかもしれません。
そういう時は、食べる量を少し控えたり、朝、昼は普通に食べても夜はできるだけ軽く済ませたりして、なんとか帳尻を合わせるようにします。食べ過ぎたと思ったときは常に夕食のボリュームを控えるようにすると、急な体重増は手早く取り戻せます。
それに、少し食べる量を控えるくらいの方が、腸の動きがよくなって滞りがなくなります。食べたものがきれいに消化吸収され、腸内に残り物なくきれいに外に出る(排泄)ようになれば、腸はいつもきれいなので、ダイエットの効果も出やすくなりますね。
便秘がちな人はダイエットの効果が出にくい、というのは本当かも。
本格的にダイエットを始めようと思う人は、まずおなかをスッキリさせてから始めましょう!
今回は、簡単で効果の出やすい、おなかの調子が良くなる、“アイデアレシピ”をご紹介します。

★サツマイモヨーグルト

 ≪材料≫

サツマイモ:80g
ヨーグルト:大さじ2
牛乳:100ml
顆粒コンソメ:小さじ2杯
≪作り方 ≫
・サツマイモは皮付きのまま一口大に切り、電子レンジで3分ほど過熱します
・全ての材料をミキサーで混ぜ合わせ、それを耐熱容器に入れます
・電子レンジで1分加熱して完成
甘みが欲しい方はコンソメの代わりにはちみつやオリゴ糖などを入れてもOK!
自分好みにアレンジしましょう。
○ミキサーが面倒という方は、加熱したサツマイモ80gにヨーグルト大さじ6杯くらいかけて食べると、デザート感覚で食感も楽しめます。
○便通を良くしておくためには、毎日、朝食代わりに食べてみることをお勧めします。
腸をきれいにしておなかの調子を整えるためには食物繊維が重要です。その食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2つがあります。
簡単に言うと、不溶性食物繊維は便のカサを増やして大腸の蠕動運動を活発にし、水溶性食物繊維は便を柔らかくする作用があります。食物繊維は両方とも大事です。
理想は、不溶性2に対して水溶性1、の割合でしょうか。
サツマイモには、不溶性と水溶性の両方の食物繊維が豊富に含まれています。さらに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。

★おからダイエット

“おからダイエット”というのは、基本、普段の食材をおからに替えるだけのダイエット法のことです。
おからをポテト代わりにして“ポテトサラダ”にしたり、ご飯の代わりに主食にしたり、お肉の代わりに“おからのハンバーグ”にしたりすることです。
最低でも1日1食はおからで副菜を作って食べます。それだけ。あとは普通にしてOK!というお手軽なダイエット法。急激な体重減は望めないかもしれませんが、継続するとジワジワとダイエット効果が現れ、リバウンドしにくいです。
お菓子もOK!。おからを使ったクッキーやパン、パウンドケーキなど。
乾燥おからならヨーグルトのトッピングにも使えますよ!
乾燥おからは便利に使えます。たとえば、、
○乾燥おからを衣に使った天ぷら(小麦粉を乾燥おからに替えるだけ)○同じく、から揚げの衣に乾燥おからを使う○お椀によそったみそ汁にスプーン1杯の乾燥おからを入れ、よくかき混ぜます。

○ご飯を炊くときに乾燥おからをスプーン1杯入れる。味は全く変わりません。

★大根スープ

≪材料≫

切り干し大根(乾燥状態で):1/2カップ
水:2カップ
≪作り方≫
・切り干し大根を2カップの水で戻す(5分程度)
・戻した切り干し大根を軽く絞り、みじん切りにする
・戻し汁+水2カップ+みじん切りした大根、をひと煮立ちさせる
・さらぶ10分ほど弱火で煮て、切り干し大根をこし、スープだけ飲む
この大根スープは飲み方に注意が必要です。
空腹時に一口ずつかむように飲むこと。
飲んだ後はしばらく食事はしないこと。
1日にコーヒーカップ1杯分を1.2回。
冷蔵庫で保存しても、飲むときはひと肌程度に温めてから飲むようにします。
大根は干すことによってビタミンB1やB2がかなり増えるとのこと。脂肪の排出も促し、腸の働きも活発にします。

★ヨーグルトは夜食べる!?

今や腸活に欠かせない“ヨーグルト”
この“ヨーグルト”にもより効果的な食べ方があることを知っていますか?
腸内環境を整える乳酸菌が含まれるヨーグルトは、夜、就寝前に摂ることをお勧めします。
寝る前に食べると、乳酸菌が排泄されないで長時間腸の中に滞在することになるからです。
乳酸菌が長時間腸内にいると善玉菌が増えるので、より腸活に効果があるということになります。しかも、寝ている間は腸内の温度が上がるので、乳酸菌が繁殖しやすくなるのです。
寝る前にものを食べることに抵抗がある方でも、ヨーグルトなら消化吸収に優れているので、胃腸の負担は心配しなくても大丈夫。ただ、甘いものより無糖のタイプを選ぶことをお勧めします。ドリンクタイプなら、さらに消化がいいですね。

★まとめ

ダイエットの効果を上げたい人は、まず腸をきれいにすることを考えた方が早いかも知れません。「急がば回れ」は、ダイエットにも当てはまるかも。
腸をきれいにして腸の活動を助けてあげるようにすると、腸がダイエットの手助けをしてくれる、といった感じでしょうか。
正しいダイエットは、お肌もきれいで、体も軽く、なにより健康になると信じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました