玄米七合食 10日間で変わるのは体型だけじゃない?

健康
原因がわからない体調の悪さは、なにかの病気ではないかといろいろ想像してしまいますよね。病院で診てもらってもハッキリわからないような状態のときは、食生活を見直して、一度体をリセットしてみることを考えてみたらどうでしょうか?
「七合食」という玄米でデトックスをする方法があります。
10日間、毎日、毎食玄米だけを食べ続ける方法です。
ダイエットにもなるし、体質改善の効果ももちろんありますが、もう一つ大きな変化が訪れるようですよ。
今回は、玄米デトックス「七合食」が心身に与える変化についてご紹介したいと思います。
その前に「七合食」のルールについてお伝えします。

玄米七合食のルールとは?

玄米の「七合食」は、“寝かせ玄米”の荻野さんが提唱している、玄米によるデトックス法のことです。
この「七合食」のルールとして以下のような決め事があります。
・寝かせ玄米(玄米、小豆または雑穀、塩)のみで10日間過ごす
・ごま塩はOK
・飲み物は水かほうじ茶、ばんちゃ、麦茶、玄米茶(ノンカフェイン、ノンカテキン)
・上記のもの以外は口にしない
・寝かせ玄米を食べる量や回数はいくらでもOK
・どうしても食べられなくなってしまった場合は、梅干、玄米甘酒はOK
しかも、一口30回以上かむとか、一日40分以上歩く、というのもあります。
(喫煙者には、タバコもできたらやめてみたら、という助言?もあり)

玄米七合食の効果について

体に入れるのは玄米だけ。そんな日が10日間も続いたら、どんな変化が現れるでしょうか。
まず、やせる、便通がよくなる、肩こり頭痛がなくなる、肌がきれいになる、睡眠の質がよくなる、血圧が下がる、、、など様々な変化が現れます。
反対に、好転反応といって、よくなっていく過程において一時的に悪くなったような状態になることがあります。頭痛がひどくなったり、やたら眠くなったり、体臭がきつくなったり、など。でも、これは一過性の反応なので心配しなくても大丈夫。
ただ、耐えられないような場合は、無理をしないで。がまんできないようなときは、果汁100%のジュースなどで糖分を摂って、様子を見てくださいね。

「七合食」が一番大きく影響するところは?

実は、心の変化なのですね。
考え方の変化でもあります。
10日間やり終えた後の達成感は、「自信」にもなります。
以下に、体験者の方の声をご紹介します。
●30歳女性
七号食をやって、本当によかったと思います。
体の調子がいいのはもちろんですが、自分の欲求をコントロールできるようになったことが一番大きいです。
これからの人生において、自分を律することができるような気がします、大袈裟ですが。
この10日間が大きな自信を与えてくれました。
●OL30代女性
七号食を実行したことで、体の変化だけじゃなくて自分自身を見つめる時間も持てました。
で、本当に「食べたい物を食べれる時代に生まれた自分はなんて贅沢なんだろう」
「贅沢三昧=幸せじゃないんだ」と実感しました。
『基本食を感謝の気持ちで頂けることってなんて素敵なんだろう』
という思いが自分の中に根付いた事が一番の収穫だと思います。
●カウンセラー女性
寝起きが良く、朝から体がよく動くようになりました。
神経の過敏さが抑えられて落ち着いてきています。よく、考えがまとまらなくて頭が真っ白になっていましたが、それも解消されてきて、物事の段取りをつけられるようになってきました。
精神的に安定してきて、とても前向きになってきました。今までなかなかやる気にならなかったような仕事も、手をつけることができ始め、なんだか人生が変わりかけたことにわくわくしました。

まとめ

寝かせ玄米の七合食を体験された方は、その期間中は食べたいものがいろいろ頭に浮かんできてこらえてるのが大変だったようですが、終わって自由に食べられる時が来ても、七合食中に思い描いていたとんかつやラーメンに飛びついた人はあまりいないようでした。
1つには、味に敏感になっていたため。
市販のものを食べると味が強烈に感じて、好きだったアイスクリームの甘さに耐えられなかったという人もいました。好きだったのに、エスニックのタイ料理が食べられなくなったと嘆く人も。
筆者は、遠い昔に断食11日間+復食4日間という断食コースを体験したことがありますが、今でも忘れられないのは、毎晩見る夢がクリアーすぎたこと。
なにかの感覚が鋭敏になるということは一番大きな変化かも知れません。
七合食を10日間、復食を含めると2週間近くも自分の食をコントロールできたということは、何ものにも代えがたい自信になることは間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました