体を温める入浴法で“脱・冷え性!” ポイントを押さえた基本の入浴法3つのパターンとは?

健康
冷え性は本当につらいですよね。
私も以前は、夏でも靴下を履いて寝ていた時期がありました。
手足の末端が冷たくて、自分の体の一部ではないように感じこともあります。
最近は、平熱が35℃台の人が私の周りでもかなりいます。若い人に多い傾向かも知れません。
冷え性で平熱が低い人は、いろいろな体の変調が起こる可能性もあります。
今回は、体を温める方法の一つとして、基本的な入浴法についてお伝えしますね。

温め効果を高めるための3つの入浴法とは?

体を温める入浴法。
まず、半身浴から始めます。

①半身浴で下半身を温める

半身浴とは、体の下半分を浴槽につけて、上半身を湯船から出して入浴する方法です。
お湯は、浴槽の半分くらいまでためます。
お湯の温度は39℃以下のぬるめにして、肩が冷えないようにバスタオルなど乾いたタオルをかけるようにすること。
そのまま20~40分ほどお湯につかります。
半身浴は温まるのに多少時間はかかりますが、身体の芯から温まるので全身が汗だくになることもあります。
お風呂から上がって着替えても、長いことポカポカと温かさが続きます。
お湯につかっている間が手持無沙汰な人は、本を読んだり、音楽を聴いてもいいでしょう。
でも、できるだけゆったりとした気分で過ごしてください。

②短時間で湯船を出たり入ったりする入浴法

湯温は42℃くらい。ちょっと熱めのお湯に肩まで入れて3分。
お湯から出て、洗い場で3分冷ます。
また湯船につかって3分。
以上を繰り返します。
20分以上も湯ぶねにつかっている時間のない方には、こちらの方法をおすすめします。
これだけでもかなりの発汗作用がありますよ。

③サウナ浴

サウナ浴は、温熱刺激によって体中の毛穴が開き、体内の老廃物が一気に外に押し出されます。体温も上昇するので、老廃物の燃焼も加速します。
ただ、心拍数を上げるため、心臓や循環器系の持病のある方には注意が必要です。高血圧や心臓に病気のある方は、長時間のサウナ浴はやめましょう。

入浴の効果を十分得るために必要なこと

若い頃、私は熱めのお風呂が好きでした。
冷たい体がジンジンするくらい熱いお湯に、そろそろと入って、我慢大会みたいにじっと耐えてる、みたいな入り方をしていたこともあります。
でも、入浴の効果を十分に得るためには、自分が「気持ちいい」と感じる温度が適温なんですね。
体を目覚めさせるためには、40℃以上。
リラックスさせるためには、39℃以下。
でも、実際には自分で決めていいんです。
自分が「気持ちよく」て、リラックスできる適温を見つけてください。

湯船につかる効果はこんなにある!

湯船につかるからこそ得られる効果を上げてみますね。

・血行が良くなって排泄がが促される

温かいお湯にゆっくりつかることで、血管が拡張し血流がよくなります。
その結果、内臓などにも十分な血液が回り、腎臓や肺からの老廃物排出機能が高まることになります。つまり、新陳代謝がよくなるということですね。

・肌がしっとりとし、皮脂や汗が出やすくなる

温熱効果で体温が上昇するため、皮脂腺から皮脂が分泌され、それが汗と混じって皮脂膜を作ります。肌がしっとりするのはそのためです。

・水圧効果で腹部が引き締まり、血行が良くなる

お湯に入っていると、当然体に水圧がかかります。この水圧が血管やリンパ管を圧迫して血行を促してくれるため、全身の代謝を高めてくれます。

・白血球の働きがよくなり、免疫機能が上がる

温熱効果は白血球の働きも高めます。
免疫機能が活発になるため、血液内の老廃物も処理されて、血液をきれいにしてくれる効果があります。

まとめ

体を温める方法には食べ物や運動などもありますが、今回は入浴法についてお伝えしました。

夏はシャワーだけで済ますという方は多いかもしれません。でも、できたら湯船に入る習慣をつけると、夏の冷房にも強くなりますよ。
冷え性は病気ではないかもしれませんが、軽く考えていると病気を呼んでしまう可能性のある体の状態といえると思います。
運動や食事で冷え性を治すのは面倒だと感じる方も、毎日の入浴なら少しの工夫で効果を実感できます。ぜひ、できるところから始めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました