発酵食品はなぜ体に良いんでしょう?美容と健康をサポートする6つのチカラとは?

健康
発酵食品が体に良いと言われて久しいです。
発酵食品は本当に昔からあるものなのに、なぜまた注目を集めているのでしょう?
どうも、美容にも建康にも効果があるらしい。
でも、どう効果があるのかを知っていて摂っている人はあまりいないかもしれませんね。
今回は、発酵食品がなぜ体に良いのか、食品としてどういう魅力があるのかについてお伝えします。

腸内環境を整え、免疫力を高める

腸は第2の脳といわれるくらい人間の身体にとって重要な器官です。
実際、腸の健康は全身の健康に直結し、精神的な「気分」さえ、腸の影響といわれています。
その腸の中には、およそ100兆個もの菌が存在し、日々勢力争いをしています。
善玉菌、悪玉菌のほかに、日和見菌というどっちつかず(勢力争いで強い方に付くと言われている)の菌もいて、その存在が腸内環境を左右していたりするんですよね。
乳酸菌は善玉菌を助け、便秘や肌荒れを起こす悪玉菌をやっつけて、免疫力を高めて健康に貢献してくれます。納豆菌も悪玉菌の動きを押さえて、腸内環境を整えてくれます。
ほかには、チーズや漬物もおすすめです。
・乳酸菌
乳糖やブドウ糖を栄養源にして乳酸を分泌する細菌の総称。動物の乳に乳酸菌を加えると、酸性が強くなり液体が凝固する
・麹菌
加熱した穀物に繁殖するカビの一種。日本酒やしょう油、味噌などの和食文化に欠かせない食品づくりに用いられる。糖分やアミノ酸をつくることにより、食品に甘みと旨味をプラス。
・酢酸菌
アルコールを酢酸に変える菌の総称。酢はサケが酢酸発酵したもの。酢酸菌の中には、発酵の過程で膜をつくるものもある。
・酵母菌
野菜の表面、空気中、土壌など自然界のあらゆる場所に生息する。発酵の過程で糖を分解し、二酸化炭素とアルコールを出す性質を利用して酒がつくられる。パンがふくらむのも二酸化炭素の働きによるもの。
・納豆菌
稲わらに生息する細菌。加熱した大豆に加えて発酵させるとたんぱく質を分解してアミノ酸を生成し、糸を引く納豆が完成する。

ダイエットの助っ人

加齢とともにやせにくくなるのは、エネルギーの代謝が鈍くなるからです。
発酵食品に含まれているビタミンB群などには、代謝を促進させる作用があります。
には、血行を促進して代謝を高めてコレステロール値を下げたり、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。また、キムチには乳酸菌とともに整腸作用を促す食物繊維が含まれています。

老廃物を排出する

発酵食品に含まれる乳酸菌は腸内環境を整え、老廃物の排出を促します。便秘体質の人は、ヨーグルトやキムチなどを摂ることをおすすめします。
老廃物を排出するのに血液の流れがドロドロでは流すことができません。大豆に含まれるイソフラボンには、血中の悪玉コレステロールを減らす作用があるので、納豆や味噌などを積極的に摂りましょう。
ほかには、乳酸菌のお酒、マッコリもおすすめです。

アンチエイジング効果

体内に活性酸素が増えると、老化が進みます。活性酸素は体を錆びつかせるんですね。ところが、発酵食品には優れた抗酸化作用があるので、体の錆を撃退できます。
抗酸化物質であるカロテン、ポリフェノール、フラボノイドなどは、発酵させることで効果がパワーアップします。
ワイン、味噌、テンペ、マッコリなどがおすすめの食品です。

生活習慣病を予防する

発酵食品は、ガンや生活習慣病の予防にも役立ちます。
大豆に含まれるイソフラボンには、乳がんのリスクを下げる効果があることがわかってきました。
また、味噌・しょう油・納豆には悪玉コレステロールを除去する働きがあり、高血圧を予防します。
ほかには、酒粕、ワインもおすすめです。

ストレス解消

GABA(ギャバ)という天然アミノ酸には抗ストレス作用があるとして注目されています。GABAは味噌や納豆、粕漬け、キムチなどにも含まれていて、脳の興奮を鎮め、リラックス効果をもたらすといわれています。
ほかには、テンペ、甘酒、酢がおすすめです。

最後に

発酵は食べ物の保存方法の1つなんですね。
ほかには、
干物や乾物にする方法。
これは、乾燥させることで水分が減り、微生物の繁殖が抑えられるため。
塩漬けにする方法もあります。
塩をまぶすと、これも水分が抜けます。塩の量を調節することで乳酸菌が活動し、細菌の繁殖が防げるということです。
燻製にする方法もあります。
煙でいぶすと水分が抜け、同時に煙の中の殺菌成分が食品に浸透するということです。
先人の知恵は素晴らしい。
食べることが健康につながる。
そういう食生活を一生続けていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました