便秘に効くツボは腰にある?!その探し方と効果的な刺激法とは?

健康
便秘に効果のある方法は、食べ物からエクササイズまでいろいろありますが、体にあるツボを刺激することでトイレに駆け込みたくなるということもあるようです。
トイレに腰かけて、うんうんお腹を押すより、腰や背中を押していくうちに催してくることがあります。背中というより腰のあたりにある“志室”というツボ。そして、腸機能の改善に効果があるといわれている“大腸兪”というツボがあります。
今回はの便秘に効くツボとして、“志室”と“大腸兪”の場所と押し方をお伝えします。

志室”の場所と押し方

志室の場所は、丁度おへその位置の真裏から指4本分外側にあります。志室は左右にあるので、ツボも2か所にあることになります。
押し方としては、
人に押してもらうときは、本人がうつ伏せになり、指圧をしてもらう人に背後からまたがってもらって親指の腹を志室のツボに当て、1.2.3とゆっくり数えながら徐々に力を入れてもらうようにします。
自分でするときは、背中に親指が来るようにウエストに両手をあてがい、同じように志室のツボをゆっくり押します。正確な場所でなくても志室の周辺という感覚で構いません。押す場所によって響くところがありますので、そのあたりを集中して刺激してみてください。

“大腸兪”の場所と押し方

“大腸兪”の場所は、ベルトラインの高さの背骨から指2本分外側です。
志室より内側に位置しますが、高さ的には大体同じくらいにあると考えてもいいかと思います。専門家ではないので、押す場所としては志室周辺の範疇と考えてもいいのでは。
押し方としては、志室と同じように親指の腹で押す方が力が入ると思いますが、疲れたら逆に人差し指と中指で押してもいいかもしれません。
指で押すより力を使わず簡単にできる方法として、ゴルフボールを使う方法をおすすめします。ゴルフボールを持って押し当て、手のひらでゴルフボールを転がしてみてもいいですし、じんわりボールを押し込むようにするとかなり響く部分があります。
私は左側の方が硬いのか少し痛みを感じました。
左側ののほうが便通にはいいという人もいます。
そのときの便のたまり具合によっても(!)響くところが違うかもしれません。

腸閉塞の予防にもなる志室のツボ

実は、この志室のツボを刺激することが、開腹手術を経験した方の癒着性腸閉塞に効果があるという報告があります。
開腹手術をした方は、その後腸閉塞になりやすく、その治療がとてもつらいものだということなんですね。でも、ガスがたまって、それを出すことができない苦しさを、志室のツボを押すことで手術や治療をしなくても改善できるということなのです。
ガスを出すことができない苦しさは、便秘症の方にはよくわかると思います。
志室やの大腸兪のツボは、ガス抜きのツボでもあるということです。

まとめ

便秘が何日も続くと、横になったときにお腹を押してみることはありましたが、意識して便秘のツボを探してみるということはありませんでした。
手や足のツボはピンポイントで探すのも難しくありませんが、背中や腰は面積が広いので正確な場所を探し当てる自信がなかったこともあると思います。
でも、大体のツボの場所がわかったら、その周辺を押してみればいいんですね。
あとは、自分の体に聞く、ということ。
数ミリ違いでも、響く場所とあまり感じない場所、なんとなく腸が動き出しそうな場所がありました。
自分の「コレ!」という場所が見つかると心強いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました