足湯の仕方 浸ける時間が長すぎていませんか?

健康
 風邪を引いたときや体調が悪くてお風呂に入れないとき、足湯だけでも体が温まって本当に気持ちがいいですよね?
でも、気持ち良すぎて時間を考えず、次から次とお湯を足してしまうことはないですか?
足湯の適温や時間ってあるんでしょうか?
今回は、効果的な足湯の仕方についてご紹介します。

効果的な足湯の仕方とは?

普通の足湯より時間は短めですが、効果的な方法です。
≪用意するもの≫
タライか、大きめのバケツ
熱めのお湯
やかんに予備の熱めのお湯(さし湯用)
≪やり方≫
①バケツに用意したお湯を入れ、温度をはからずに、そのとき自分が気持ちよいと感じる湯温にする
②お湯は、両足のくるぶしの真ん中くらいまでの深さにする
③足を入れてみて、ぬるく感じるようならさし湯をする
足湯時間は6分ほど
⑤6分経ったら足を出してタオルでしっかり拭き、赤くなっていない方があれば、もう2分だけ熱めのお湯を足して、足湯する
⑥そのとき、出している方の足は冷めないようにタオルでくるむか、靴下などを履く
 
※20分くらいの足湯だと、時間が長めなのでどうしても本を読んだりスマホをいじったりしがちですが、それだと効果が半減します。
この6分間だけ、ポカーンとして空白の時間を楽しんでみませんか?

足湯の効果は体だけじゃない

なんとなく調子が悪いっていうとき、ありますよね?
カラダ的には「だるい」とか「重い」感じ。
気持ち的には、「沈みがち」「前向きになれない」状態のとき。
体を動かして気分転換するにもエンジンがかからない。
そういうときこそ、“足湯”をしてみませんか?
特に風邪の引き始めは、体にも気分にも違和感を感じるとき。
“風邪”という自覚症状が出ないときこそ、足湯をすることで初期症状を一掃しましょう。
体の声を聞いて早め早めの“手当”をすることで、心身とも安定した状態を保つことができます。

足湯の前のチェックポイント!

足の甲の部分に、冷えのポイント(急所)があるということを知っていますか?
それは、左右の足の第2指と第3指の間。
ここが狭くなっていると、冷えが来ている人ということ。
試しに、左右の第2.3指の間を触ってみてください。
私は左側のほうが狭くなっていました。
分かりづらかったら、両足ともゆっくり、広げるように10秒ほど押すことを3回繰り返します。
 
その後に足湯をすると、よりポカポカ温まってきますよ。
ぜひ、試してみてください。

まとめ

足湯器も、電気で温度を設定できるもの、発泡スチロールの蓋つきのものなど、いろいろ試してみましたが、今回のように短時間でする足湯の仕方だと、バケツかたらい型で十分ですね。
ただ、掃除のときに使うバケツだと底の部分が狭く(22㎝くらい?)、少し足の大きめの人だと足が収まりません。そういうとき、こんなタイプのたらい型足湯器があると便利です。
ちなみに、これは折りたためるタイプの足湯器です。
足湯器ってけっこう場所をとるので、これなら浴室に置くこともできますね。
それから、お湯を入れると重くなるので、思い立ったとき手軽に足湯をするためには、浴室でやることをおすすめします。
足し湯も浴室だと簡単にできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました