呼吸法が続かないのは集中力がないから?でもこの方法なら続けられます!

健康
健康法の1つに「呼吸法」があります。
体が健康になるだけではなく、ストレスに強くなり、自分をコントロールできるようになるので性格?まで変わる可能性もあります。
そんな呼吸法ですが、続けるとなるとそう簡単ではありません。
それはなぜか?
一番大きな問題は、呼吸に集中できないからなんですね。
呼吸法はめんどくさい?呼吸法はむずかしい?苦しい?
今回は、呼吸法に興味はあるけど続かないと思っているあなたへ。
なるべく簡単で、生活に取り入れやすい呼吸法についてご紹介したいと思います。

「数を数える呼吸法」とは?

呼吸法を実践中も、人間は頭の中でいろいろ考えることをやめることはできません
最初こそは呼吸のリズムを数えたりしてみますが、慣れてくると自動的に呼吸をしながら頭の中で、今夜は何食べようとか、仕事でちょっとまずかったところを何度も思い返したりして。
気が付くと深い呼吸をしながら、頭の中では自問自答が延々と続いていたりすることに。
集中することの難しさを感じます。
そこで、まず呼吸するときに自分の呼吸をカウントすることに集中してみます。
精神修養に「数息観」というものがあります。
「息を数えて心を観る」方法です。
やり方を説明しますね。

○立ったままでも、イスに座った状態でもOK。
背筋は伸ばしますが肩などに力が入らないように気をつけます。
座ったときは、手のひらを上に向けます(体を緊張させないため)

○目は開けたまま、一点を見るようにします。

○ゆっくり息を吐いて、十分に吐ききったら2.3秒止めます。

その状態で体の力を抜くと自然と息が入ってきます。
そのくらいで十分なので、無理に吸わないように。

※吐くときは口からでも鼻からでも、どちらでもOK。
でも、吸うときはできるだけ鼻から吸うようにします。
スタートは「吐く」こと。毎回息を吐ききります。
できるだけ細く長く息を吐くこと。
呼吸の数を数えることに集中する。
雑念はどんな人でも湧いてくるものです。
でも、湧かないように意識するのではなく、湧いてきてもそのことに意識を向けないようにすることが大事。
すべて湧いてきたものは、「受け流す」ようにすることがとても大切です。

数を数える呼吸法を続けるとどうなるか?

この「数える呼吸」を続けるとどういうことが起こって来るでしょうか?
まず、自制心や集中力が高まります。
自分の意志でなにかをやり遂げたり、外部からの誘惑に振り回されなくなってきます。
自己コントロールがついてくるんですね。
強靭でしなやかな心が育ってきます。
肉体の筋トレのように、この呼吸法をすると「心の筋トレ」をしているのと同じことになります。
頭の中に湧いてくる「想念」も、何度も受け流すことをしていると、そのこと自体が心の筋トレになるんですね。
今までは自分の欲求に流されて、しなければならないことがあってもネットサーフィンをしてしまう自分から、今やるべきことに意識を切り替えることができるようになります。
こういった自己コントロールはとても大事なことで、日常の些細なことも実はこういったコントロールができるかどうかで結果が全く変わってきます。
それに、自分の欲求に流されなくなると、すべきことがシンプルになるので時間の余裕もできてきますね。

ダイエットも呼吸法を使うことで失敗しなくなる!?

ダイエットをしようと思う人は、まず食欲を制限することを一番に考えると思います。
でも食欲をコントロールするのは本当に大変なこと。
よほどの自制心がないと、ダイエットなんてやめた!と思ったとき、それまで我慢した分だけ食べ過ぎてしまったりします。
もし普段から食べ過ぎを気にしている方は、数える呼吸法をしてみてください。
「食欲」は抑えることができないかもしれませんが、「空腹」は抑えられるということです。
この二つの違いがわかりますか?
「食欲」は人間の生理的欲求で、これを無視することは体に変調をもたらします。
でも「空腹」は、自分の妄想であることが多いんですね。
たとえば、さっき食べたばかりなのに仕事でストレスを感じたりすると、食べることでストレスを解消しようとします。
テレビのグルメ番組を見ていると、急にお腹が空いたような気になりませんか?
これは空腹感を刺激されるからなんですね。
そういうときこそ、数える呼吸法をしてみてください。
最初は2.3分くらいで構いません。徐々に時間を伸ばして、毎日10分くらいを継続することでだんだん集中力が増してくることを実感するでしょう。

まとめ

呼吸法を普段の生活に習慣づけられるようになるまでは、かなり意識して時間をとったりしなければならないかもしれません。
でも、その効果は集中力だけではなく、健康にも大きな影響を与えてくれます。
もちろんダイエットにも!
一日5分からでも呼吸法を始めてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました